このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺区 もののはじまりなんでも堺 21世紀の町衆文化の創造をめざして
  • くらしの情報
  • 堺区について
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

親支援コーディネーター養成講座(初級編)

更新日:2017年2月3日

  • 1月22日(日曜)、第1回目の講座を開催しました

 梅川康治氏を講師に、身近なことを例に、講座が進められました。講座中、熱心にメモをとりなががら真剣に受講する姿がありました。また、周りの受講者と話をしたり、体を動かしたりと、笑い声もする講座となりました。
 講座終了後、講師の元へ「勉強になりました」などの感想とともに、質問をしている参加者が多数いました。

講座内容

 家庭・学校・地域などで、人との関係づくりがうまくなると、対人関係が楽しくなり、生き生きした生活を送ることができます。本講座では、対人トラブルの解消法など、よりよい人間関係を築くためのコミュニケーションスキルの基礎が学べます。
 ※この初級編は対人トラブル解消の基礎技術を学ぶ講座として、すべての方に役立つ内容となっております。親支援コーディネーターとは、人と人とをつなぎサポート役を担うことで、学校や地域での様々な問題を解決に導く方をいいます。
 ※中級編以降では、対人トラブル解消など、より応用的な講座となっております。中級編や上級編は平成29年度以降に順次開催予定です。
 ※今年度の参加者募集は終了しています。

講師:山中 祥匡 氏(堺市スクールカウンセラー・スーパーバイザー臨床心理士)

【講師プロフィール】
 米国の少年矯正機関において少年犯罪の矯正プログラムを実践的に学ぶ。帰国後、芦屋市・西宮市の教育センターにて臨床活動を行う傍ら、平成9年日本臨床心理士認定協会より臨床心理士の認定を受ける。
 不登校、神経症、社会人の「うつ」へのカウンセリング、非行、犯罪加害者のアセスメントから更生プログラムの実施、教職員へのコンサルテーションなど、多岐にわたる臨床心理活動を展開している。

講師:梅川 康治 氏(日本学校教育相談学会本部役員、日本ピア・サポート学会理事)

【講師プロフィール】
 元公立学校教員・校長・市教委の相談係長・主幹・指導主事・教育相談グループ長。面接相談の他、通常の学級担任がクラスでできる特別支援教育・教員がチームで問題解決するトレーニングを学校や教育委員会の研修会で実践する。市民対象に、子育て講座を実施し、依頼に応じて、堺市内外の教職員、市民対象の講演や対人援助職対象の研修会の講師をする。教員対象の研修講師歴は30年になる。

詳細内容

コース

日時

内容
1回目

平成29年1月22日(日曜)
午前9時30分~11時30分

(オリエンテーション)
○概要
○アイスブレーキング(初対面の人同士が会った時の緊張をときほぐす手法)…緊張を解く体験
○コミュニケーションワーク…伝聞の違いを体験

2回目

平成29年2月5日(日曜)
午前9時30分~11時30分

(社会的親について)
○講演…現代の子どもと社会的親の必要性について
○グループ討議…社会的親としての活動について

3回目

平成29年2月18日(土曜)
午前9時30分~11時30分

(対人トラブルについて)
○対人トラブルの構造とピアメディエーション
○グループ討議…身近な対人トラブルを考える

4回目

平成29年3月4日(土曜)
午前9時30分~11時30分

(ピアメディエーションについて)
○ピアメディエーションの基礎
○アクティブリスニング(傾聴する姿勢や態度など聴き方の手法)のワークショップ

5回目

平成29年3月12日(日曜)
午前9時30分~11時30分

(対人トラブル解決法について)
○対立の解消ワーク
○グループ討議…今までを振り返って
○まとめ…質疑応答とアンケート

※ピアメディエーションとは、仲間同士による問題解決や仲裁の手法をいいます。
※全5回を堺市総合福祉会館の会議室で行います。

参加者全組にアンケートの協力をお願いいたします。
このイベントで皆さんの様子を撮影した写真などが広報紙、ホームページに掲載されることをご了承ください。

このページの作成担当

堺区役所 企画総務課
電話:072-228-7403 ファックス:072-228-7844
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る