このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺区 もののはじまりなんでも堺 21世紀の町衆文化の創造をめざして
  • くらしの情報
  • 堺区について
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

平成28年度 孫育て講座

更新日:2017年7月1日

孫育て講座を開催しました

ご参加いただき、ありがとうございました

イラスト

第1回 3世代で育てるコミュニケーション スマホ・ケータイとの上手なつきあい方

スマホ・ケータイを片手に子育てしている今の子育て。親世代も、祖父母世代もどちらにとっても初めての環境です。トラブルも多いケータイを子どもが持つ前に、大人と子ども、人とモノ(スマホ・ケータイ)とのいい関係を作りましょう。

ネット環境を手に入れて、子育てする初めての親世代。
子どもがスマートフォンを持ちたいといったときにできることはなにか、
便利さゆえに失っているものはないか、などスマートフォンとの上手なつきあい方をするためにどうしたらいいかを考える機会になりました。
グループワークでは、自然と世代間交流ができ、それぞれの立場からネット環境が身近にある子育てについての話しを出し合い、今の現状や今後の不安を一緒に考えることができました。最後にスマートフォンと上手に付き合うには、人と人とのコミュニケーションが大切、思いを話すことは気持ちを放すこと、思いを聴くことは不安や悩みに効くことというメッセージをみんなで共有しました。孤立せず、家族でまたは地域のコミュニティーでつながることの大切さがわかる講座になりました。

講師

橋本 暢子さん(子ども情報研究センター)

第2回 世代間をつなぐ命のバトン

髪の毛一本の穴が開いた紙が配られ、「これは命が誕生した大きさです」と説明され、700万個のうちのひとつの卵子と、数億個のうちのひとつの精子が受精してあなたが産まれてきました。おじいちゃん、おばあちゃんがいて、お父さん、お母さんが産まれて、そしてあなたが産まれた。この命のバトンは私たちがこの世に生を受けた奇跡の連続なのです。命の重さや、世代間をつなぐ命の大切さ、産まれてきてくれた喜びを再確認できた1日となりました。

講師

助産師 中村礼子さん

第3回 今日は一緒にあそぼうデー

牛乳パックで万華鏡作りをしました。
白い画用紙いっぱいにマジックでお絵かきをする子どもたち。
出来上がった万華鏡を覗いてみるとマジックで描いたなぐり描きがとてもきれいな柄となってあらわれ、小さな子どもさんでも、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に楽しく作ることが出来ました。
ストローとんぼでは、誰が遠くに飛ばせるかを競走しました。廃材を使って簡単に作れる昔ながらのおもちゃ作りに皆さん夢中で、有意義な1日となりました。

講師

泉州ひまわりネットのみなさん

このページの作成担当

堺保健福祉総合センター 子育て支援課
電話:072-222-4800, 072-228-7023 ファックス:072-222-4801
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3-1 堺市役所本館2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る