このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺区 もののはじまりなんでも堺 21世紀の町衆文化の創造をめざして
  • くらしの情報
  • 堺区について
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

校区で自主防災訓練を実施しました

更新日:2012年12月19日

自主防災訓練の写真

 訓練は、校区の自主防災組織の主催で堺消防署の協力のもと、災害時における適切な行動や知識を習得するとともに、防災意識の高揚と「自助」「共助」による地域防災力の向上を図ることを目的としています。

3月25日 自主防災訓練を実施しました(三国丘校区)。

訓練プログラム

  • AED取り扱い
  • 応急搬送
  • 煙体験
  • 消火訓練
  • 防災備蓄倉庫開放および資器材の使用説明
  • 非常食

消防隊員の指導を受けて心臓マッサージを行いました。

応急担架の作り方を学び、実際に人を搬送しました。

参加者全員でバケツリレーを行いました。

防災備蓄倉庫の資器材を確認し、使用説明を受けました。

3月4日 自主防災訓練を実施しました(少林寺校区)。

訓練プログラム

  • 避難訓練
  • 救急救護
  • 初期消火訓練
  • 地震体験
  • 煙体験
  • 防災備蓄倉庫内の各種資器材の説明
  • 非常食炊き出し訓練

心臓マッサージは、要救護者に声をかける人と連携して行いました。

消火器を使って初期消火の方法を習得しました。

人工的に煙を発生させた通路を歩き、充満した煙の怖さを体験しました。

てんぷら油に引火した炎が天井に燃え広がる様子を実演しました。

炊き出し担当の方々によって340人分の非常食が手際よく用意されました。

備蓄倉庫に保管されている資器材の使い方の説明を聞きました。

2月19日 自主防災訓練を実施しました(大仙学区)。

訓練プログラム

  • 応急手当と救命処置
  • 心肺蘇生とAEDの取り扱い

トレーニング用マネキンを使って心肺蘇生法を学びました

いざという時のためにAEDの取り扱いを体験しました

12月20日 南島第二町会が防災訓練をしました。

津波の浸水が予想される南島第二町会では、町会が協定している民間高層の建物への避難訓練を行いました。

訓練プログラム

  • 自宅から避難協定建物への経路及び避難時間の訓練
  • 避難協定建物の内部の把握

近隣の人たちでまとまって避難してきたことを本部長に伝えました。

建物に到着!!上の階をめざします。

避難路を確認しながら3階まで上がりました。

11月29日 関西大学が地域と合同で防災訓練を実施しました(浅香山・錦綾校区・関西大学・堺北幼稚園)。

訓練プログラム

  • 自宅及び園から避難場所(関西大学)への移動訓練
  • 煙体験と消火訓練
  • 救命訓練
  • 地震体験
  • 非常食の炊き出し

地域の人たちが避難建物の関西大学に避難してきました。

堺北幼稚園の園児たちも落ち着いて行動していました。

集合場所で点呼をとって無事を確認しました。

キャンパス内の泉水の水を使って消火活動を行いました。

非常食の炊き出しは大学職員と学生が担当しました。

11月13日 自主防災訓練を実施しました(錦校区)。

訓練プログラム

  • 消火訓練
  • 救急講習
  • 応急搬送
  • 地震体験
  • 非常食の炊き出しと試食

心肺蘇生講習会場では多くの方が熱心に受講されていました。

搬送者は負傷者の状態を観察しながら、ていねいに搬送します。

地震体験車では震度7の揺れを体験しました。

非常食の提供に長い列ができました。

11月13日 自主防災訓練を実施しました(湊西校区)。

訓練プログラム

  • 自衛消防組織による自宅から避難所までの誘導訓練
  • 救出訓練
  • 応急搬送

近隣に声をかけあい、町内ごとにまとまって避難所に集まりました。

要救助者の容態を確認します。

緊急時でも負傷者の搬送は、慎重に行います。

11月6日 自主防災訓練を実施しました(湊校区)。

訓練プログラム

  • 自宅から避難所までの経路及び避難時間の訓練
  • 消火訓練
  • 救出訓練
  • 救急講習
  • 情報伝達訓練

救急救命士から心臓マッサージの方法を教えていただきました。

倒壊した建物から救助資器材を使って要救助者を救出しました。

負傷の部位や程度に応じた手当てを行い、応急担架で搬送します。

被災地の連絡手段は、人から人への直接伝言です。情報を正確かつ迅速に伝えることの難しさを痛感しました。

10月30日 自主防災訓練を実施しました(三宝校区)。

訓練プログラム

  • 自宅から避難所までの避難経路及び避難時間の訓練
  • 講演「東日本大震災救援活動者の体験から」
  • 災害に備えて講話

避難訓練に参加した450人の人たちで小学校の講堂は、いっぱいになりました。

10月29日 自主防災訓練を実施しました(安井校区)。

訓練プログラム

  • 災害に備えて講話
  • 災害用備蓄倉庫開放と資器材の使用説明
  • 非常食の炊き出しと試食

突然起こる地震の被害に備えるための心構えを聞きました。

備蓄倉庫内の資器材を確認し、使い方を学びました。

炊き出しの担当者は、エプロンに三角巾とマスクで身支度を整えています。

10月23日 自主防災訓練(防災運動会)を実施しました(錦綾校区)。

訓練プログラム

  • 非常食の炊き出しと試食
  • 応急搬送
  • 消火訓練

熱湯を注いで20分後、アルファ化米の五目ご飯ができあがりました。

互いに声をかけあい、迅速に消火バケツを送ります。

毛布と竹竿を使って応急担架の作り方を習いました。

応急担架で負傷者を慎重に搬送します。

10月9日 自主防災訓練を実施しました(大仙西校区)。

つながりの希薄な社会は、災害よりももっと恐ろしい。
自主・自発・協働・連帯の心をひとつにして助け合い、人とひととのつながりを広めよう。

訓練プログラム

  • 煙体験
  • 地震体験
  • 消火訓練
  • 応急手当
  • 救急救命

人工の煙を発生させたテントの中を歩いて火災時の煙の怖さを体験しました。

耳原総合病院の医師に心臓マッサージの方法を指導していただきました。

毛布を使って担架をつくり、負傷者を搬送しました。

10月2日 自主防災訓練を実施しました(錦西校区)。

訓練プログラム

  • 救急救命
  • 消火訓練
  • 地震体験
  • 防災備蓄倉庫開放と資器材の使用説明
  • 防災グッズ・防災写真パネルの展示
  • 非常食試食

家から避難所までの道を歩く訓練を行いました。受付で避難してきたことを伝えます。

備蓄倉庫に保管されている資器材の使い方について説明を聞きました。

バケツリレーは気持ちを合わせて迅速に行います。

8月28日 自主防災訓練を実施しました(市校区)。

訓練プログラム

  • 災害に備えて講話
  • 防災備蓄倉庫開放と資器材の使用説明
  • 炊き出し

講話では突然の災害に対応できる心構えや日頃の取組みの大切さを学びました。

備蓄倉庫を開放し、保管資器材を点検しました。

このページの作成担当

堺区役所 自治推進課
電話:072-228-7082、(地域美化係)072-228-7624 ファックス:072-228-7844
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る