このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

西区 ひと・まち・資源がつながり 笑顔かがやくまち 西区 西区のホームページにようこそ
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

平成25年度西区まちづくりパートナー第1回意見交換会

更新日:2014年2月21日

 西区のまちづくりについて考える、西区まちづくりパートナー意見交換会を開催しました。

開催日時

平成25年11月12日(火曜)午後7時から8時45分

開催場所

西区役所202・203会議室

次第

挨拶 : 西区長 山野 努

西区の取り組みについて : 副理事兼企画総務課長 中野 久美子

講演 : 近畿大学教授 久 隆浩 氏
テーマ「協働によるまちづくり」

意見交換

意見交換概要

西区まちづくりパートナー(以下「パートナー」)

 講演のお話、大変共感しました。
 私自身、NPO法人堺子育て・教育ネットワークで活動を行っています。
 現在、ひきこもり支援として「当事者が元気になる」をモットーに活動を行っています。
 当事者が自ら考え、動くことで、予想以上の成果が出てきています。
 もし、依頼されて行う仕事であれば、ここまで絶対にやらないということまでやっています。
 

久先生

 新しいスタイルの支援、いわば、本来の支援の仕方であると思っています。
 NPOの活動として、JR尼崎駅の負傷者の支援を行っています。
 月1回の意見交換会を行っているのですが、第1回目の意見交換会で、当事者の方から「あなたたちは何をやってくれるのか?」と言われました。
 意見交換をする中で何かが動けばと思っていますと答えました。
 当事者の方々が自ら活動できるような体制づくりを支援する、ということが大事だと思います。

パートナー

 西区では、このような協働がこれから始まっていくのでしょうか?それとも、すでに行っているのでしょうか?

区長

 行政としては、以前から「協働」というのを掲げています。
 また、西区では防災訓練等は、地域の方々が中心になって行っていただいています。
 行政の方から「皆さんでやってください」というと放棄しているように思われるが、決してそうではありません。
 地域の皆さんで交流を深めていただき、そこに行政も加わっていってまちづくりを進めていければと思っています。

パートナー

 まちづくりというのは、人が元気になるということですね。区を巻き込んで、私たちがいろんなことをやっていくということですね?

区長

 いつも自治会役員の方とは、お話をする機会があります。
 今回パートナーを募集させていただいたのは自治会にこだわらずに、色々なご意見をお聞きする場を作りたいと思ったからです。
 もともとパートナーの募集は60人程度を予定していました。
 皆さん、よろしければ、お友だちやご家族もお誘いいただいて、パートナーに参加くださいますようお願いいたします。

パートナー

 先生のマトリックスの表は、非常に分かりやすかったです。
 こういう場では、お互いを知らないもの同士なので、いろいろと勧められやすいと思います。
 それぞれの地域に戻してその中で議論をすると、立場・地位の差、声の大きさなどで、十分議論せずに進めていってしまうことがあります。
 何かいいアイデアはありませんでしょうか?

久先生

 まちづくり井戸端会議というのを毎月行っています。
 入口に「ここで履物と肩書を脱いでいってください」という張り紙があるところがあります。
 ただ、なかなかそうはならないですね。
 そういった場合には「隙間」を探してみてください。
 今までやっていなかったことを、今までやっていなかった人たちで取り組んでみる、ということです。
 新しい分野を増やしていくことで、そのほかの部分も変えていくということができると思います。

パートナー

 今回、実現したいことがあってパートナーになりました。
 西区ふれあいまつりには「こどもコーナー」はあありますが、「子育て支援のコーナー」が全くないのです。
 西区ふれあいまつりに「子育て支援のコーナー」を作りたいと思っています。

区長

 市長も「子育てするなら堺」と言っています。
 西区としても、今年「ほほえみルーム」を作って、子育て支援に力を入れているところです。
 西区ふれあいまつりに限らず、子育て支援事業を進めていければと思っています。

パートナー

 市民が自発的に活動するだけでなく、行政側も自発的に活動し連携してほしい。

久先生

 行政内部ということであれば、一つ事例があります。
 奈良県では知事から辞令をもらった「なら・まちづくりコンシェルジュ」がいます。
 知事から任命されるという仕組みを作ることによって、周囲や上司との関係性を保ちつつ、活動ができるようになっています。
 そこまでは難しくても、自発的に動くという意識を持った職員をどれだけ増やせるか、その仕組みを作れるかが重要だと思っています。

 今日は言い足りなかったぐらいで丁度良いと思います。2回目も色々と話し合いができるわ、という風に思っていただければと思います。
 今までは、このような意見交換会をする場合は、何をやるかを区役所が決めていました。
 でも今日は、私の講演を除けば白紙の状態でしたよね。
 白紙の状態から、このパートナーの皆さんでワイワイ言いながら何かが生まれてきたら良いなと思います。
 ここで出た意見をすぐ「区役所がやります」と即断することはできないと思いますが、意見を持ち帰っていただいて、新しい動き方ができるのではと考えていただければと思います。
 私もこれからもサポートしていければと思っています。

西区

 本日は十分なお時間をおとりできませんでしたが、ご参加いただきました皆様、最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

このページの作成担当

西区役所 企画総務課
電話:072-275-1901 ファックス:072-275-1915
〒593-8324 堺市西区鳳東町6丁600

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る