このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

中区 つながる人 ゆたかな自然 元気なまち 地域力と恊働ですすめるまちづくり
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

平成26年度 ラウンドカフェ実施報告

更新日:2015年3月20日

 中区に関わるさまざまな人が集い、楽しく語り合い、交流する「ラウンドカフェ」を開催しました。
 各回のカフェの様子はこちらからご覧になれます。

 また、カフェで参加者の皆さんが話し合ったテーマや活動のアイデアの一覧はこちらで詳しく紹介しています。

平成26年度ラウンドカフェ活動のアイデアページへ

第8回ラウンドカフェ

日時:平成27年3月17日(火曜)、午後7時~9時
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:18人

当日の様子

 前半は、ラウンドカフェから生まれた3つのモデル事業「子育て支援講座」「レスパイトカフェ」「子育て情報の動画配信」について、各団体の代表者から成果発表をしていただきました。事業提案に至った経緯や実際に活動した感想など、貴重な生の声を聞くことができました。
 後半は、テーブルに分かれて参加者同士で意見交換を行いました。モデル事業について質問したり、次の取り組みの構想を話し合ったりと会話がはずみました。「自分たちがしたい活動をプレゼンテーションする『TEDカンファレンス』をしたらどうか」「幅広い世代が参加できる、藁で草履を編んだり、お米を一緒につくったりする企画があればおもしろいのでは」と次々とまちづくりのアイデアが飛び出しました。

第7回ラウンドカフェ

日時:平成27年2月24日(火曜)、午前10時~正午
場所:中区役所プレハブ棟2A・2B会議室
参加人数:8人
テーマ:地域で育てる子ども

当日の様子

 「地域で育てる子ども」をテーマに、ラウンドカフェを開催しました。今回のゲストスピーカーは、豊中市の千里地区を中心に地域や行政などと連携しながら、子育て活動に取り組んでいる「赤ちゃんからのESD・上村有里さん」にお話しいただきました。
 その後、テーブルごとに具体的にどんなことをやってみたいか意見を出し合いました。「子どもに芋を育てて、収穫して、やきいもを作って食べる体験をさせたい」というアイデアが出ると、これに対して「やきいもをするのに落ち葉を集めるので清掃にもつながる」「色々な年代の方が集まるので世代間交流にもなる」など、子育ての視点だけでなく、さまざまな方向からまちづくりを考える機会になりました。

ゲストスピーカー「赤ちゃんからのESD・上村有里さん」にお話しいただきました

(1)活動概要
 豊中市千里地区を中心に、こどもたちが平和で安全に過ごすことの出来る未来をつくるために、身の回りの生活や子育て環境を見直していこうという活動です。親子で集まり交流したり、自然遊び会などの催しを行ったり、地域団体・行政・学校・企業・NPOなどのさまざまな団体と連携をとりながら活動しています。
(2)主な活動
1.子育てママの視点でまちあるき
 子育てママの視点でまちのいいところや安全な散策コースを探して、「まちあるきマップ」を作成しました。このマップを使って、千里のまちを巡るまちあるきを行いました。公園・商店街・団地など、千里の魅力を体感できるコースであることに加えて、一度も信号を渡らない安全なコースになっています。
2.千里親子ふれあい広場
 未就学児と保護者の交流の場として、千里公民館や集会場で開催しています。図書館司書による絵本の読み聞かせや親子コンサート、子育て講演会などを行っています。

第6回ラウンドカフェ

日時:平成27年1月27日(火曜)、午後2時~4時
場所:中区役所プレハブ棟2A・2B会議室
参加人数:20人
テーマ:花・土・自然で中区を豊かに

当日の様子

 今回のラウンドカフェは、「花・土・自然で中区を豊かに」というテーマを設定して、関連することについて話し合いを行いました。
 冒頭に、様々なまちづくり活動を知っていただくために、ゲストスピーカーとして西宮市で地域の交流や活性化に取り組んでいる「NPO法人くろーばー・田村幸大さん」に活動の経緯や様子を語っていただきました。
 その後、テーマごとのテーブルに分かれて、「自分にできること」「やってみたいこと」「みんなが喜ぶこと」の視点からアイデアを出し合いました。参加者の中には、既にグループに入って活動をされている方も多くおられ、活動の紹介や一緒に活動してくれる仲間集めの場としても盛り上がりました。

今回のテーマ
(1)子どもと土とのふれあい
(2)食育~地産地消を知ろう~
(3)楽しく花を植える仲間集め
(4)中区で花・土・自然を仕事にする

ゲストスピーカー「NPO法人くろーばー・田村幸大さん」にお話しいただきました

(1)活動概要
 兵庫県西宮市を中心に、『「まち」全体を「がっこう」にする』という目標をもって、地域の人材・フィールド・素材を活かしたまちづくりに取り組んでいます。
(2)主な活動
1.みつば組
 小中学生を対象に地域での社会教育活動を実施しています。子どもたちに学校や家庭だけではできない、地域社会だからできる学びを提供しています。例えば、「アロマセラピスト・建築士・助産師」の職業体験を行ったり、畑や自然環境の中で、農業や虫について学んだりします。先生は地域の方々に担ってもらうことで、世代間交流にもつながっています。
2.まちcafeなごみ
 平成26年11月、地域の高齢者を対象に介護予防の一環として、様々な世代が交流出来る場としてオープンしました。

ラウンドカフェスピンオフ企画「第2回アクションカフェ」

日時:平成26年12月11日(木曜)、午後7時~9時
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:14人

当日の様子

 今回のアクションカフェでは、11月のラウンドカフェで生まれたアイデアや参加者の皆さんが考えた活動のアイデアを、具体的な企画にすることを目標に話し合いを行いました。
 冒頭に、ゲストスピーカーとして京都市の出町商店街を中心に地域を盛り上げる活動をしている「でまち倶楽部・藤田始史さん」に活動の進め方を紹介していただき、自主活動のイメージを掴みました。
 その後、アイデアごとに企画シートを使って「目的・テーマ・いつ・誰を対象に・どこで・準備物」などを整理し、具体的な企画を作り上げました。

今回のテーマ
(1)季節の工作会をしよう!
(2)音楽のお楽しみ会をしよう!
(3)中区マルシェをしよう!

ゲストスピーカー「でまち倶楽部・藤田始史さん」にお話しいただきました
(1)でまち倶楽部とは
 出町商店街を中心に地域を盛り上げることを目的に、商店街関係者や地域住民(PTA、社会人、学生)など、10~20人で構成する団体。
(2)主な活動
 月1回会議を開催して、イベントを企画しています。「まち歩き&花見」「七夕祭り」「お月見の会」など季節に合わせたイベントを通じて、まちを知ってもらったり、交流を深めたりしています。
 「参加者も自分たちも楽しむ」「背伸びせずにできることをやる」をルールに活動しています。

(3)活動の進め方

  • 目的を明確に
  • 楽しむ(会議・準備も)
  • 遠慮なく頼む(身近な人に協力してもらう)
  • お金が無かったら、アイデアでカバー
  • 困ったときは子どもにも頼る
  • たまには我慢

第5回ラウンドカフェ

日時:平成26年11月29日(土曜)、午前10時~正午
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:11人

当日の様子

 冒頭にゲストスピーカーとして、京都市西京区で自主活動を実践されている「西京銭湯部隊沸いてるんジャー・嶋崎雅嘉さん」に活動の経緯やポイントをお話いただいた後、ワークシートを用いて参加者同士で意見交換を行いました。

今回のテーマ
 「活動のアイデアを見つける」というコンセプトのもと、参加者の皆さんが興味のあるテーマをワークシートに記入しました。
(1)子どもの通学安全をどうしたらよいか?
(2)防災・防犯の意識・知識を高めるには、どうすればいいのか?
(3)PTA活動の役員のなり手がいないのをどうしたらよいか?  など


ゲストスピーカー「西京銭湯部隊沸いてるんジャー・嶋崎雅嘉さん」にお話しいただきました
(1)西京銭湯部隊沸いてるんジャー~お風呂屋さんとまちを元気にするヒーロー?~
 京都市西京区内には銭湯が「桂湯」1軒のみになっていることから、このまちにとって大切な「銭湯」を残していきたいという思いで集まった有志で結成。出会いのきっかけは西京区が開催している語り合いの場「ふらっと・西京」でした。

(2)主な活動
 子どもたちや、その親たちに桂湯に来てもらうきっかけをつくるために活動を始めました。

  • わくわく桂湯

 夏休み最後の日に子どもたちを対象にしたイベント。他グループにも協力いただいて、桂湯の脱衣場を舞台にマジックや腹話術、寸劇紙芝居、替歌、ダンスなどをします。

  • ハッピーハロウィン

 ハロウィンにちなんだ工作や仮装パレード、入浴者にお菓子の配布などを行います。

  • その他にも、桂湯だけにとどまらず、桂のまちを盛り上げるために、商店街のマップを作成して配布するなど、幅広く活動しています。

(3)活動のポイント「まちとつながる」
 ハッピーハロウィンをきっかけに「沸いてるんジャー」はまちとつながりました。まちのケーキ屋さん・パン屋さんを飛び込みで訪問し、「ハロウィンで配るお菓子を提供してもらえませんか」とお願いすると、多くのお店が快く協力してくれました。
 これを機に、商店街とコラボしたり、桂のまちの有名人を招いてイベントをしたりと積極的にまちへと飛び出し、新たなつながりを作っています。このようなまちとのつながりを深めていくことが、活動を広げていくうえで大切なことだと思います。

第4回ラウンドカフェ

日時:平成26年10月30日(木曜)、午後7時~9時
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:10人

当日の様子

 今回はラウンドカフェの冒頭にゲストスピーカーとして「いばらきMIRAIカフェ」で自主活動を実践されている森本康嗣さんに、カフェでの体験談や活動のポイントをお話しいただきました。皆さんもラウンドカフェで仲間を集めて、自主活動を始めてみてはいかがでしょうか。

今回のテーマ
(1)中区ってどんなとこ?
(2)農業・園芸を楽しもう
(3)何かから卒業した後の自分の居場所づくり


ゲストスピーカー「いばらきMIRAIカフェ・森本康嗣さん」にお話しいただきました

いばらきMIRAIカフェロゴマーク

 茨木市が実施していた総合計画検討市民ワークショップの第2班健康・福祉のメンバーが中心となり、ワークショップ終了後も引き続き、同一名称「いばらきMIRAIカフェ」として地域で健やか元気なまちづくりをめざして活動中。おもに「食べること」を通じて人と人とがつながり、食と健康をテーマに心と体が健やか元気になる参加型カフェを定期的に開催。世代間交流にも力を入れています。

(1)主な活動
 毎月1回程度、いばらき産の食材等を用いて地元の人々が交流する参加型カフェを企画・実施しています。いばらきの良いところや、みんなの関心のあることを確認しながら、これからも「ゆる~く、なが~く」やっていきます。
詳しくはこちら(いばらきMIRAIカフェのページ)へ。

(2)自主活動のポイント

・楽しむことが肝心。

・まずはやってみる。ダメならまたトライすればいい。

・想像以上にみんな協力的。

・いい仲間との出会いでつながっていく。

ラウンドカフェスピンオフ企画「第1回アクションカフェ」

日時:平成26年9月18日(木曜)、午後7時~9時
場所:中区役所4階大会議室

アクションカフェとは

 平成26年6月にスタートした「ラウンドカフェ」は、参加者の皆さんが中区のまちづくりについて語り合い、交流する場として、これまでに「子育て」「中区のにぎわい」「高齢者の生活」など、さまざまなテーマで話し合いを行いました。その中で、参加者の皆さんから、中区をよりよいまちにするための多くのアイデアが生まれてきました。
 今回の「アクションカフェ」は、ラウンドカフェで生まれた活動のアイデアを実現するために、具体的な活動に向けた話し合いを行うとともに、協力して取り組む仲間を見つける場です。区役所のスタッフも話し合いに参加し、活動をスタートするためのアドバイスも行います。

当日の様子

 最初に、市民の皆さんが発案し活動につなげた事例を用いて、活動を始めるためのステップを紹介しました。その後、参加者の皆さんから活動のアイデアを提案していただき、興味のあるアイデアごとに分かれて活動の具体化に向けて話し合いを行いました。

活動のアイデア
(1)「大人の遊び場創り」…歳をとっても楽しめる趣味探しや交流の場をつくる
(2)「大切な人を亡くした方の生き方」…家族や大切な方を亡くした方同士が心のうちを語り合える場をつくる
(3)「はじめてクッキング」…未就学児に学校でクッキングを教える
(4)「子育て情報の動画作成」…子育てに関連する機関や人を紹介するために、関係者が音楽に合わせてダンスをする動画を作成
(5)「親支援プログラム」…小・中学生を育てる親の悩み相談
(6)「赤ちゃん先生」…中学校に赤ちゃんを連れて行き、学生に育児体験してもらう
(7)「ちょっと昔のおもしろ話」…今は途絶えてしまった風習や遊び、行事、地域での暮らしなどについて語り合う

第3回ラウンドカフェ

日時:平成26年8月29日(金曜)、午前10時~正午
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:25人

当日の様子

 平成26年6月から始まったラウンドカフェも、今回で3回目となりました。全回ご参加いただいている方や、広報やチラシを見て興味を持って初めてご参加いただいた方など、幅広い層の方が集まりました。
 それぞれが興味のあるテーマで、まちづくりや普段の生活で感じていることなどを語り合い、交流を深めるとともに、意見交換するなかで生まれたアイデアを「形にしたい」「活動につなげたい」という意見もありました。

今回のテーマ
(1)中区のおすすめ 散歩・サイクリングコース (2)中区で趣味を楽しもう
(3)子育て×安心 (4)お年寄りの暮らし方
(5)中区の進化、地域間交流 (6)ゴミの分別、我が家の工夫

皆さんの活動を応援しています

 ラウンドカフェでは、中区に関わる方の自発的な活動を応援しています。活動のPRや仲間を募集することもできます。また、まちづくり活動について参考となる事例を紹介した「活動アイデアレシピ」も用意していますので、ぜひご利用ください。

第2回ラウンドカフェ

日時:平成26年7月30日(水曜)、午後6時30分~8時30分
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:26人

当日の様子

 初めての方もたくさん参加いただき、第2回ラウンドカフェを開催しました。今回も参加者の皆さんが興味のあることを持ち寄り、テーマごとのテーブルでじっくりと話し合いました。
今回のテーマ
(1)にぎわえ中区 (2)日本の食文化 (3)子育て・学校・見守り
(4)中区スタイル (5)高齢者パワー (6)夏の暑さ対策

 各テーマごとに普段感じているちょっとした疑問から、中区をよりよいまちにするため、どんなことができるのかなど、和やかな雰囲気の中でワイワイと語り合いました。また、途中で休憩をはさみ、違うテーマのテーブルに移動したり、連絡先を交換したりと交流を深めることもできました。
 最後の活動PRタイムでは、普段から取り組んでいる活動の紹介や仲間の募集、これから取り組んでみたい活動について協力してくれる方を探すなど、たくさんのPRがありました。

第1回ラウンドカフェ

日時:平成26年6月28日(土曜)、午前10時~正午
場所:中区役所4階大会議室
参加人数:27人

当日の様子

 テーブルクロスにお茶、音楽が流れるいつもの区役所とは違うやわらかい雰囲気の中でラウンドカフェをスタートしました。

 参加者の皆さんが書いた興味のあることを6つのテーマに分類して、テーマごとのテーブルを作りました。
(1)子育ての○○(子育て関連) (2)コミュニケーションの場 (3)お年寄りの暮らし
(4)中区のにぎわいの場 (5)まちを知る歴史を楽しむ (6)豊かな人生観

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

中区役所 企画総務課
電話:072-270-8181 ファックス:072-270-8101
〒599-8236 堺市中区深井沢町2470-7

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

堺市中区役所

〒599-8236 中区深井沢町2470番地7 各課などの業務内容・お問い合わせ先はこちら
開庁時間 午前9時から午後5時30分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る