このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

中区 つながる人 ゆたかな自然 元気なまち 地域力と恊働ですすめるまちづくり
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

区長の動静トピックス(平成30年2月)

更新日:2018年2月15日

平成30年2月14日(水曜)

交通事故多発警報発令中

 2月14日には、西堺交通安全大会の実行委員会がありました。この大会は、4月6日から15日にかけて実施される全国春の交通安全運動に合わせて行われるもので、今年は4月7日(土曜)に開催されます。毎年会場は西区と持ち回りで実施されますが、今年は中区のソフィア・堺が会場となります。西堺警察署の交通課による「交通安全教室」とあわせ、誰もがご存知の超大物落語家親子によるお楽しみトークを予定しています。案内チラシを掲載していますので、詳しくはそちらをご覧ください。
 中区を含めた西堺警察署管内の交通事故の状況には、非常に厳しいものがあります。管内で発生した交通事故の件数は、平成28年、29年と、2年続けて大阪府内のワーストを記録しました。昨年は6件減少したとは言うものの、まだ1,168件も発生しています。なかでも不名誉なのが、飲酒運転による事故です。昨年までの5年間に、府内ワーストとなる59件の飲酒事故が発生しました。昨年だけでも10件、65署ある府内全体でも207件ですので、その多さが際立っています。また大阪府内では、今年の1月26日から2月4日までの10日間で、死亡事故が9件も続けて発生するという極めて危機的状況にあります。これらの状況を踏まえ、2月5日には14日までの間、大阪府知事から交通死亡事故多発警報が発令されました。
 飲酒運転は、重大な犯罪です。被害者や運転者だけでなく、その家族らも不幸にします。改めて交通ルールを順守する意識を高め、みんなでの力で交通事故をなくしましょう。

平成30年2月7日(水曜)

特殊詐欺被害を無くすための取り組み

 中区では、中区区民評議会からの提案を受け、特殊詐欺の注意喚起を促す川柳を募集しました。200作品もの応募をいただき、ありがとうございました。全ての応募作品を、区役所のホームページとエントランスホールで公開し、皆さんの投票で優秀作品が決定されましたのでお知らせします。
 最優秀は中区にお住いの櫻淵陽子さんの作品で、「詐欺じゃない? 振込む前に 確認を!」です。また、「俺だけど 言われたら聞こう 君の名は」、「無関係 思うあなたが だまされる」、「もう一度 確認し合う 合言葉」の三作品が優秀作品に選ばれました。中区広報みどり3月号にも入選作品を掲載し、上位12作品を4月号から毎月1句ずつ掲載して啓発を強化する計画です。
 平成29年に発生した特殊詐欺の被害件数・被害額は、大阪府全体では前年よりも減少しましたが、中区では被害件数が増加しています。警察官がすべてのATMを警戒監視してくれた6月以降、11月下旬までは新たな被害はなかったのですが、その後年末のほぼ1カ月間で7件も集中して発生してしまいました。最近は百貨店の店員を名乗って、「偽造カードで買い物がされている。」と脅かす電話があり、そのあと銀行協会と偽って「カードを作りかえる」という助け舟を出し、暗証番号を聞き出してカードを受け取り、そのカードで、不正に出金するという手口が多いそうです。
 百貨店がこんな電話をかけることはありません。また銀行協会が暗証番号を尋ねたり、カードを預かったりするようなことも絶対にありません。万が一このような電話があれば、警察か区役所に相談してください。みんなで力を合わせ、人の不安を煽り、良心につけ込むような卑劣な犯罪を撲滅したいものです。

特殊詐欺防止をテーマにした川柳作品の入賞作品等についてはこちら

平成30年2月6日(火曜)

火事と救急の現状について

 平成29年に中区内で発生した火災等の状況について、中消防署から報告がありましたので紹介します。

 昨年1年間に中区で発生した火災は25件で、前年と比較して3件増加しました。堺市消防局管内(高石市を含む)では、62件も増加しています。なかでも放火(疑いを含む)によるものが20件も増加しているのが気がかりです。放火を防ぐためには家の周りをなるべく明るくし、新聞や雑誌などの燃えやすい物は置かないでください。また、電気器具からの発火にも注意が必要です。特にコンセントにたまったチリやホコリ、強く束ねた配線や重い物の下敷きになった配線からの発火が多いそうです。くれぐれも注意をお願いします。

 次に、救急車の出動件数です。中消防署管内では135件減少しましたが、全管内では366件も増加し、1年間に55,343件も出動しています。実に9分28秒に1回出動していることになり、出動件数の増加は救急車の現場到着時間の遅れにつながります。しかも搬送された半数以上が、入院を必要としない軽症であるという事が問題です。特に子どもの急変の時など、医療の知識がない者には不安ですが、迷った時には医師や看護師が常駐している救急相談窓口を活用してください。小児救急医療電話相談は#8000(つながらない場合は06-6765-3650)、大人の場合は救急安心センター大阪で#7119(つながらない場合は06-6582-7119)です。

 限りある医療資源を有効に活用できるように、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

救急医療無料相談窓口「救急安心センターおおさか」について【市ホームページ】

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小児救急電話相談について【大阪府ホームページ】

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

中区役所 企画総務課
電話:072-270-8181 ファックス:072-270-8101
〒599-8236 堺市中区深井沢町2470-7

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

区長の動静トピックス

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

堺市他区のホームページ

堺市中区役所

〒599-8236 中区深井沢町2470番地7 各課などの業務内容・お問い合わせ先はこちら
開庁時間 午前9時から午後5時30分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る