このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

中区 つながる人 ゆたかな自然 元気なまち 地域力と恊働ですすめるまちづくり
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 区の取り組み
  • 区役所案内

本文ここから

区長の動静トピックス(平成29年11月)

更新日:2017年11月24日

平成29年11月21日(火曜)

「早起きして・朝ごはんを・食べよう会」

 11月21日には、平成29年度堺市地域福祉フォーラムが開催されました。「つながる・ひろげる・みんなで支えあう」をテーマに議論された意見交換会では、宮園校区まちづくり協議会が「早起きして朝ごはんを食べよう会」という取り組みについて発表したので紹介します。
 昨年5月から始まったこの会は、きちんと朝食を食べて登校してほしい学校と、それを支援しようという地域の想いが一致してスタートしました。中保健センターも栄養のことや食後の歯磨き指導、中図書館はボランティアの協力を得て本の読み聞かせを行い、夏休みには宿題の相談会を実施するなど会の運営を支援しています。回を重ねるごとに参加者も増え、今では全校生徒の半数が参加するほどの盛況で、忙しくてうれしい悲鳴を上げているとのこと。また、この取り組みを通して、食事会に参加する子どもたちと世話をする地域の人たちが顔見知りになり、別のところで会っても挨拶してもらえるようになったそうです。「地域を元気にしようと思って始めたが、顔が知れ渡ってしまったので、信号無視など悪いことができなくなった」と話す笑顔がとても印象的でした。

平成29年11月10日(金曜)

秋の火災予防週間

 11月9日から15日までは、秋の全国火災予防週間です。火災が発生しやすい時期を迎え、火災予防の一層の啓発と事故防止を目的に実施されます。今年の重点課題は、住宅火災対策の推進と住宅用火災警報器等の悪質な訪問販売や詐欺等の被害防止、放火防止対策の推進などが主なものです。
 堺市では、今年に入って住宅火災が増加傾向にあり、火災による死者が10月1日現在で、既に11人も発生しています。住宅火災の原因で多いのは、コンロ・タバコ・暖房器具によるものです。これからの季節は空気が乾燥するうえに、暖房器具を使用する機会も多くなります。住宅火災を防ぎ、火災による被害を軽減するため、次のことに気を付けてください。
 コンロのそばを離れる時は必ず火を消す。絶対に寝タバコをしない。暖房器具は燃えやすい物から離して使用し、外出時や就寝時には必ず火を消す。この3つの習慣を心がけてください。次に被害を軽減させるための対策ですが、住宅用火災警報器と家庭用消火器を設置する。寝具やカーテンなどは防炎品を使用する。高齢者の方や体の不自由な人を守るため、隣近所で協力体制をつくることが大切です。
 火事の無い、安全で安心して暮らせる中区にしたいものです。皆さんのご理解と、ご協力をお願いします。


秋の全国火災予防運動ポスター

平成29年11月5日(日曜)

早めに身を守る行動を取る事の大切さ

 11月5日は、「津波防災の日」です。この日に合わせて、堺浜にある広域防災拠点をメイン会場に、関西広域連合や国土交通省と合同の総合防災訓練を実施しました。この訓練は、震災直後における自助・共助の促進と、行政及び各防災機関の連携による災害対応能力の向上、防災啓発を目的にしています。
 東日本大震災をきっかけに、「津波対策の推進に関する法律」が施行され、津波対策についての理解と関心を深めるために、「津波防災の日」が制定されました。津波避難の史実に基づいた物語である「稲村の火」の出来事が、旧暦の安政元年11月5日(1854年12月24日)だったことから選ばれたそうです。
 近年、各地で大規模な災害が多発していますが、堺市では長らく大きな被害はありませんでした。しかし先月の台風21号と22号では、堺区の浅香山周辺の水害や中区でも土砂災害が発生するなど、近年にない大きな被害が発生しています。その際の私自身の経験(段差のある畑に車で転落)も踏まえて、早めの避難の必要性についてお話しします。
 いつもの慣れた場所でも、夜間の暗闇ではなかなか状況の変化に気づくことはできません。また大雨が坂道を流れているような状態では、思うようにハンドル操作することもできません。いつもと様子が違うと思えば、早めに身を守る行動をお願いします。

平成29年11月3日(祝日)

宮園団地50周年、おめでとうございます

 11月3日には、宮園団地(府営八田荘団地)のまちびらき50年と、自治会組織(宮園校区自治会)の結成50年を祝う式典がありました。
 この団地は、昭和42年6月に入居が始まりました。住宅棟が団地の中央にある多目的グランドを囲むように配置された「囲み型団地」は、我が国の住宅計画史の中でもユニークな設計で注目を集めたそうです。最も多い時には、1万人を超える多くの人が暮らしていました。また自治会は、近くにあった養豚場の悪臭対策や、団地内の公立幼稚園と保育所の開設など、身近な問題に取り組んで来られました。入居当初にはなかった家風呂と、手狭な間取りを解消する一部屋増築が実現した時の喜びは忘れられないそうです。
 まちびらきから50年。住宅の躯体や設備の老朽化等で、昨年から耐震化工事と建て替え工事が始まりました。工事のために入居が制限されていることもあり、今は若い世代の入居者はほとんどおられません。少しでも早く工事が完成し、新しい入居者でまちが賑わうのが楽しみです。これまでの50年間で培ってこられた、人と人、地域とのつながりを、新しい仲間を迎えてもっと強いものになることを願って止みません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

中区役所 企画総務課
電話:072-270-8181 ファックス:072-270-8101
〒599-8236 堺市中区深井沢町2470-7

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

区長の動静トピックス

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。

堺市他区のホームページ

堺市中区役所

〒599-8236 中区深井沢町2470番地7 各課などの業務内容・お問い合わせ先はこちら
開庁時間 午前9時から午後5時30分まで(土曜・日曜日、祝日、年末年始を除く)
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る