このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

南区 自然とふれあい 人と人とのつながりを大切にするまち
  • くらしの情報
  • 南区について
  • 地域ねっと
  • まちづくり
  • 区役所案内

本文ここから

地名のあれこれ

更新日:2012年12月19日

地名の由来

地名には、それぞれ名づけられたわけがあり、それによって、その土地の歴史や文化を知ることができます。昔、堺は、和泉、河内、摂津の境にあったことから、「さかい」と名づけられました。

南区内、泉北ニュータウンの町名の由来をご紹介します
(財団法人大阪府タウン管理財団(旧 財団法人大阪府泉北センター)発行"泉北ニュータウンのあゆみ"を参照)

※○○台とつくのはなぜでしょうか
泉北ニュータウンは、大阪府が開発した住宅地です。先に、同じく丘陵地に開発した、千里ニュータウンがあります。この町名にならって「○○台」と統一してつけたものです。

町名 まちびらき 由来
宮山台 昭和42年12月 西南部の山林に境内をもつ多治速比売神社にちなんでいます。
竹城台 昭和44年1月 かつて多くあった竹林と、住区のすぐ西に隣接する小谷城跡によります。
若松台 昭和45年4月 大蓮池周辺に松林が多く、古くは「若松之荘」と呼ばれたところから、名づけられました。
三原台 昭和46年4月 地区内にあった「三田原」という地名から文字をとりました。
茶山台 昭和46年4月 茶畑が点在し「お茶山」と呼ばれてました。近隣の豪族や名士が月見や花見を楽しむ場所だったといいます。
高倉台 昭和47年4月 高蔵寺があり、周辺地域が「高蔵寺」と呼ばれていました。
晴美台 昭和47年4月 ニュータウンで最も高い丘陵で、見晴らしが良いところから名づけられました。
槇塚台 昭和47年4月 地区内にもともとあった通称で、槇の木が多かったことと、陶器山七不思議の一つ「黄金塚」にちなんだ名です。
桃山台 昭和47年4月 造成前、丘陵一帯に桃が栽培されていたことから名づけられました。
原山台 昭和49年4月 地区内の地名からとった名です。造成前は、山林地帯でした。
庭代台 昭和50年4月 造成前にあった集落の名からつけられました。周辺地域には「にわ」のつく地名が他にもあり、歴史をうかがわせます。
御池台 昭和54年4月 「御池山」という旧地名にちなんでいます。
赤坂台 昭和50年4月 「赤坂」という小字の名からつけられました。造成前は畑地と雑木林に占められていたといいます。
新檜尾台 昭和54年4月 「檜尾」は現光明池地区の大半を占めていた字の名です。現在も同地区の東と西北にあります。
鴨谷台 昭和52年4月 現在も同地区3丁にある「鴨谷池」にちなんでいます。
城山台 昭和52年12月 南北朝時代の武将楠木正成の配下であった和田一族の山城(和田城跡)があったことから、名づけられました。
堺の歴史探訪「地名あれこれ」より抜粋
町名 由来
上神谷 古い時代には神のことを「みわ」といい、神が降りてこられた伝説があるこの地域は「上神郷」(かみつみわのさと)と呼ばれ、「みわのさと」が「にわのさと」となり、明治22年の町村制で北・中・南に分かれますが、明治27年には、合併して、同じ上神郷の同じ谷筋にある村であることから、上神谷村(にわだにむら)となりました。
美木多 明治22年4月、町村制によって、大森・上・檜尾・別所の村々が合併。そのときに、このあたりは山が多く、美しい木が多いというところから名づけられました。
福泉 昭和10年に、泉北郡鶴田村と泉北郡北上神村(きたにわむら)が合併して、町名をつけるとき、新しいまちの誕生を祝って、吹く福々しい泉の町、泉のようにこんこんと福の沸く町を願って『福泉町』と名づけられたそうです。

このページの作成担当

南区役所 企画総務課
電話:072-290-1800 ファックス:072-290-1814
〒590-0141 堺市南区桃山台1丁1番1号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る