このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

南区 自然とふれあい 人と人とのつながりを大切にするまち
  • くらしの情報
  • 南区について
  • 地域ねっと
  • まちづくり
  • 区役所案内

本文ここから

平成30年2月

更新日:2018年3月15日

2月27日(火曜) 「 みないき農業塾修了式」(南区役所 2階会議室)

 「第5期みないき農業塾」の修了式に出席し、お祝いの言葉を申し上げました。
 昨年4月の開講式からほぼ1年をかけ、野菜づくりの基礎から施肥、播種、収穫や販売、農家や農場の見学など、講座や実習を通して学ばれた27人の方が修了書を受けられました。
 南いきいきファーム推進会の柴田会長によると、春先から梅雨は多雨、夏は猛暑による水不足、秋には台風が続けて到来、今冬は厳寒というように、厳しい環境でご苦労も多かったようですが、塾生は講師の先生方の指導の下、丁寧に作業をされ、年度計画以上の出荷を達成できたとのお話でした。
 修了生のうち約10人が次年度の塾生のサポート役として関わられる予定とのことで、準農家をめざす方や2~3年先には就農したいという方、市民農園や家庭菜園で取り組まれる方など、大半の方が今後も「農」と親しく関わっていかれるようです。
 厳しい気候条件の下で積まれた経験を今後に生かされ、仲間との交流を大切に、元気で活躍されますことをお祈りいたします。

2月25日(日曜) 自主防災訓練(高倉台…高倉公園・泉北高倉小学校、晴美台…はるみ小学校、美木多…御池第4公園)

 副区長と一緒に、3校区の防災訓練を順次見学させていただきました。主催はいずれも校区の自主防災会と連合自治会です。
 初めに訪問した高倉台地域は、自治会ごとに公園やグラウンド等、あらかじめ決められている第1避難場所に集合され、その後高倉公園グランドを経て、泉北高倉小学校へ集まってこられたとのこと。危機管理室職員等からマンホールトイレの説明を受け、その後、ダンボールベッドの組立訓練や、クロスドゲーム、炊き出し訓練等をされました。
 次に晴美台校区へ。避難誘導訓練の後、自主防災会の防災リーダーが訓練を主導され、搬送訓練や水消火器による消火訓練のほか、炊き出し訓練もされました。また、自治推進課の若手職員が、マンホールトイレのしくみや使い方、配慮すべき点等の説明をさせていただきました。参加者には校区の防災マップも改めて配布されました。
 美木多校区は南北が約6キロメートルと広いこともあり、例年、主として参加される単位町会を決めて行うという形で実施されています。今回は、上南、上中央、山口の単位町会で、心肺蘇生訓練や消火訓練、搬出・救護訓練、煙体験等を実施されました。
 消防署職員からの講評では改めて自助や共助の大切さについて話があり、私からは地域のつながりが強い点では安心しているが、土砂崩れの危険性の高い区域でもあることから、皆さんで声をかけあって自分や大切な家族の命を守ってほしい旨のお願いをしました。

2月18日(日曜) 「原山台地域の防災訓練」(原山台小学校)

 午前10時から原山台地域の防災訓練が行われ、私も見学させていただきました。
 参加者は、各自、安全訓練や集団避難訓練を行い、小学校へ集合。校区の自主防災会会長でもある丸田自治連会長のご挨拶のあと、事前に南消防署で訓練を受けられた校区役員が各コーナーのリーダーとなり、指導や説明をされました。
 体育館では、防災リュックのコーナーやAED救急蘇生訓練のほか、防災グッズの手作りコーナーがあり、新聞紙を使ってスリッパを作ったり、ゴミ袋をレインコート風にしたり。私も皆さんと一緒にスリッパを作りましたが、昨年も作り方を教わったはずなのに忘れてしまっており、日頃からの練習や訓練の必要性を改めて感じました。
 運動場では、備蓄倉庫の見学や、水消火器による初期消火訓練、煙体験が行われ、子どもたちも元気に質問に答えるなど、積極的に参加していました。
 男子児童が「区長さんやね。剣道大会やイルミネーションの点灯式で会ったことがある」と声をかけてくれ、嬉しくなりました。4年生とのことで、近所の友達5人で参加しているようで、「これからは君たちが頼りやで、しっかり覚えて帰ってね」と言うと、笑顔でうなずいてくれました。

2月13日(火曜)「minamiキャンドルナイト 感謝状贈呈式」(帝塚山学院大学 教室)

 昨年12月16日に行った「minamiキャンドルナイト」で、中心となって活躍してくれたプール学院大学・帝塚山学院大学の幹事学生に感謝状を贈りました。
 学生たちは、企画会議で、キャンドルのデザイン、ステージプログラムやゲーム大会、ブース出店の企画等を検討し、当日は、準備や運営の中心となって活躍してくれました。また学生会等を通じて多くの学生に呼びかけてくれ、イベント当日には、あわせて180人近い学生がボランティとして参加。とても嬉しく、感謝しています。
 贈呈式では、はじめに学生から、ブースやステージ、メインキャンドルなどの担当した内容とあわせ、感想や反省点などを述べてもらいました。先輩から誘われて初参加した人、去年は当日参加だったが今年は幹事として活躍してくれた人。幹事として4年連続で参加し、年々規模が大きくなる様子を見ながら一緒に盛り上げてくれた学生もいます。
 他の大学の学生と関わる楽しさ、先輩や周りの人に助けてもらえたことへの感謝、苦手意識のあった子どもと関わることができ勉強になった等の感想も聞かれ、それぞれが貴重な体験をしたことがうかがえます。3年目となる私も顔なじみの学生が数名おり、学生同士引き継いでくれていることや、成長している様子を頼もしく嬉しく思っています。
 私からは、地域や様々な人と出会い経験したことを、社会に出たときに生かしてもらうことや、これからも地域と関わりを持ち続けてほしいことなどを、感謝の気持ちを込めてお伝えしました。

2月9日(金曜)「南区教育・健全育成会議」の開催と提言書の受理(南区役所 2階会議室)

 今年度最終となる、南区教育・健全育成会議が午後6時から開催され、「学習意欲と生活習慣の定着」についての提言書(案)について最終確認がされました。委員からは、「子育て 7つの鍵」について、今すぐ使えなくても、鍵を持っていることが大切であることや、ふだん親がどう思っているかが先に来てしまうが、子どもがどう思っているかが大切であることなどの意見が出されました。
 また、原山台・原山台東小学校が今年の4月から「原山ひかり小学校」として再編されるため、今後のスケジュール等について説明するとともに、先般行われたスクールロイヤーによる研修会や子ども司書の取組みについても報告させていただきました。
 最後に私から、毎回内容の濃い審議を行っていただいたことへの感謝と、「親子のつながり」に軸足をおいて審議いただいてきたことが「子育て 7つの鍵」として結実し、嬉しく思っていること、今後これを広めていきたい旨をご挨拶させていただきました。
 なお、会議終了後、中村会長から提言書の提出をいただきました。今後とも、提言の具体化とあわせ、さらなる教育環境の整備や健全育成に向け取り組んでまいります。

2月8日(木曜)・9日(金曜) 福泉南中学校の生徒が区役所を職場訪問

 福泉南中学校の2年生4人が区役所の職場体験にやってきました。
 恒例の区長・副区長との名刺交換を行った後、職場体験の希望先を尋ねると、区役所が第一希望だった生徒がおり、公務員になりたいので将来のために色々体験したいと語ってくれました。他の生徒も区役所を体験の希望先としていたとのことで嬉しく思いました。4人とも自分の考えやクラブのことなど、はきはき答えてくれる明るい生徒たちで、楽しい交流の時間となりました。私からは、中学生の時に思い描いていたことを例に、市役所の仕事の幅の広さや実際に体験する大切さなどを伝え、副区長とともに激励しました。
 体験では、イベント物品の整理やみみちゃんの着ぐるみ体験を行ったほか、企画総務課の若手職員の話を聞いて色々刺激も受けたようです。帰りのあいさつでは、「堅い」と思っていた区役所のイメージが変わったことや、看板撤去が楽しかったなどを話してくれました。これからも色々な経験を積み、たくましく健やかに成長していってくれることを願っています。

2月8日(木曜) 「スクールロイヤーによる課題解決力向上研修」(南区役所 2階会議室)

 学校での具体的な生徒指導上の課題についてスクールロイヤーからアドバイスを受け、解決に向けたポイントを学ぶことを目的として、中学校に9人、小学校に1人おられる生徒指導主事を対象とした研修会が開催され、私も参加させていただきました。管理職も参加可能ということで、中学校の校長先生・教頭先生もそれぞれ1人ずつが参加されました。
 はじめに、スクールロイヤーの山口弁護士から、いじめ防止基本方針や保護者対応、法的根拠の理解の必要性等について講義があり、その後、保護者との対応等で日頃から学校が疑問や困難に感じておられることなど活発な質疑があり、有意義な内容となりました。
 続いて、教育政策課と南区企画総務課から、区教育・健全育成会議の取組みの説明をさせていただきました。区役所からは、同会議の提案事業で、保護者に子育てのヒントとしてもらうことを目的に作成している「子育て7つの鍵」の趣旨や内容等についても説明させていただきました。
 本研修会の主催は教育委員会事務局ですが、平成27年度と28年度は、南区教育健全育成会議からの提案事業として南区役所で実施していたものです。来年度は全区に拡充される予定とのことで、事業が充実・発展していることを嬉しく思っています。

2月6日(火曜)「南区区民評議会委員と南区選出市議会議員との意見交換会」及び「第7回南区区民評議会」(南区役所 2階会議室)

 午後5時から、南区区民評議会委員と南区選出市議会議員による意見交換が行われました。最初のテーマは、諮問事項「コミュニティづくりと居住魅力の発信」についてです。
 議員からは、地域で頑張っている若い世代のこと、世代間のコミュニケーションや実際に顔を会わせてつながる大切さ、地域の担い手としての「生きがい就労」、住宅政策の問題、場を作り続けることやコミュニティ間を情報発信等でつなげる大切さについての意見がありました。委員からは、自治会の課題や子どもの放課後の居場所づくり、若い世代が住めるような住環境整備について、発言がありました。
 続いてのテーマは、調査審議事項「買い物困難者への対策等」についてです。
 議員からは、買い物サービスについての広報活動、南区に特化した施策の検討、近隣センター再生やスーパー誘致の問題、おでかけ応援バスの充実等について意見がありました。
 委員からは、移動販売に関する事業者の声や、市場原理について、また、50年後をもっと示していく必要性等について意見が述べられました。
 休憩をはさみ、今年度最終となる南区区民評議会を開催しました。これまでの審議や直前に行われた議員との意見交換を受けて、諮問事項の中間報告や調査審議事項の提言について確認がなされました。
 「買い物困難者への対策等」の調査審議のために委嘱していた特別委員の高橋委員・田中委員は、本日の審議をもって任期満了となりました。お二人には、専門分野から、先進事例の紹介や貴重なご意見をいただき、審議がより深化、活発化したことを感謝しています。
 (なお、諮問事項「コミュニティづくりと居住魅力の発信」についての中間報告と、調査審議事項「買い物困難者への対策等」についての提言書が、寺下同会会長から 2月13日(月曜)に提出されました)。

2月4日(日曜) 「はらやまひかり食堂」(原山台東地域会館)

 みなみ交流E・K・I・D・E・Nの後、はらやままちづくり協議会の主催により、実施されている「はらやまひかり食堂」にお邪魔しました。
 同食堂は、原山台中学校のPTAの方が中心となり地域の方と一緒に運営されています。昨年9月に始められ、今回で3回めとのこと。地域会館には、30人近い大人のボランティアに交じり、中学生ボランティアも9人が参加していました。設営や配膳、片づけや清掃等を一生懸命手伝ってくれているそうです。
 メニューはボリュームたっぷりの牛肉丼と具だくさんの味噌汁で、子どもたちにはデザートにケーキもあり、嬉しそうに頬張る姿が見られました。私も大変おいしく頂戴しました。向かいに座られていた2人の女性は、毎回参加しており楽しみにしているとのこと。隣に座っていたボランティアの中学生は1年生で、先輩に誘われて参加したそうです。「家でもお手伝いしている?」と聞くと、「している」と素敵な笑顔で答えてくれました。
 2階では、駅前の歯医者さんのご協力で歯磨き指導を受けている子どもや、おもちゃで遊ぶ子どもたちの姿があり、にぎやかで和やかな光景でした。
 後でお聞きすると、今回は122人もの参加があったそうで、大人も18人が来られたそうです。皆さん、心もお腹も大満足だったことと思います。
 準備や運営には何かとご苦労も多いことと思いますが、地域の大切な居場所として、継続していただければ嬉しく思います。

2月4日(日曜) 「みなみ交流E・K・I・D・E・N(みなみ交流マラソン)大会」

 みなみ交流E・K・I・D・E・N実行委員会の主催により、駅伝・マラソン大会が開催されました。
 駅伝は校区対抗で、小学校5年生以上、中学生、一般のそれぞれ男女6人が1つのチームを作り、西原公園をスタート。一般道の桃山台原山台線から西原公園緑道を経て公園に戻る1周4キロメートルのコースを3周、計12キロメートルをたすきでつなぐものです。17チームに参加いただき、途中、順位がめまぐるしく入れ替わりましたが、最後は、槇塚台校区が優勝テープを切られ、2位は赤坂台校区、3位は宮山台校区がゴールされました。
 マラソンは、南区在住・在勤・在学の高校生以上の男女及び行政機関の職員が参加、私はスターターの役を仰せつかりました。一般の部は、同コースを2周、今年から新設されたシニアの部は1周するもので、あわせて68人の方が健脚を競われました。
 風が大変冷たく、時折雪も舞う中でしたが、駅伝・マラソンともに、選手の皆さんは全員元気に走りぬかれました。
 スポーツ推進員の皆さんには準備や沿道整理をはじめとする運営の中心を担っていただき、各校区からも250人を超える多くの方にご協力いただきました。御池台校区の皆さんには温かい豚汁の用意を、また、成美高校の放送部の皆さんには開会式や実況中継の協力をいただきました。皆さんの温かいご支援・ご協力により、無事に大会を終えることができました。ありがとうございました。

このページの作成担当

南区役所 企画総務課
電話:072-290-1800 ファックス:072-290-1814
〒590-0141 堺市南区桃山台1丁1番1号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る