このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

美原区 地域とつながり 次世代へつなげる 美原のまちづくり
  • くらしの情報
  • 区の魅力
  • まちづくり
  • 地域ねっと
  • 区役所案内

本文ここから

古代米を使った特産品

更新日:2017年4月21日

 地元農家と市民の皆さんが力を合わせて収穫した古代米を使った特産品をご紹介します。
※ご購入される場合は、事前に製造元へお問い合わせください。

古代米の甘酒「あからおとめ」

 元禄2年に創業し、300年以上こうじを作り続けている雨風が、大阪府立大学との共同研究で開発した古代米を使った甘酒(ノンアルコール)です。原料には2種類の赤米を使用しており、ほんのりとピンクに色付いています。
 加熱殺菌をしていない、こうじ菌やこうじ由来の酵素が生きている生甘酒なので、栄養が豊富です。

製造元:雨風(堺市西区津久野町3-32-11) 
電話:072-262-0333

あからおとめ

古代米クッキー

 中百舌鳥にある洋菓子店、お菓子の家あいあいが古代米を使ったクッキーを商品化しました。サクサクの歯ごたえにプチプチとした古代米の食感が絶妙のアクセントをつけています。クッキーだけでなく、古代米を使ったケーキも試作中です。

製造元:お菓子の家 あいあい(堺市北区長曽根町43-2 ビレジなかもずビル1階) 
電話:072-240-0522

古代米クッキー

古代もち

 道の駅しらとりの郷・羽曳野や美原朝市などで加工品を販売している美原あずき(JA大阪南女性会美原支部農産加工部)が、地元で取れた農産物を使って加工品を作ろうと、古代米を使ったお餅を商品化しました。
 もち精米に古代米を加えて作った古代もちは、見た目も古代米の風味を感じることができ、プチプチとした食感も楽しめます。

製造元:美原あずき(堺市美原区阿弥13-1)
電話:090-8654-2305

美原朝市でお買い求めいただけます。

古代米入りむしぱん・古代米入りもちもちぱん

 古代米の特色を生かそうと試行を重ねて完成しました。
 古代米入りむしぱんは、ふわふわの生地に古代米入りのあんが包まれています。
 古代米入りもちもちぱんは、もちもちの生地にプチプチとした古代米が練りこまれた一品です。

製造元:マルミベーカリー(堺市堺区市之町東2-1-8)
電話:072-232-1231

美原朝市でお買い求めいただけます。(平成29年4月まで)

古代米の米飴 「黒のたがね」「赤のたがね」

 美原 未来・まちデザインひろばのメンバーの「古代米を使って美原区をPRしたい」という思いに共感し、堺あるへい堂が商品化した古代米の米飴(水飴)です。「黒のたがね」は黒米を、「赤のたがね」は赤米を原料としています。そのままで召し上がっていただく他、パンやおもちにかけて召し上がっていただくのがおすすめです。

製造元:手づくり工房 堺あるへい堂(堺市堺区南花田口町1-2-18) 
電話:072-225-5210

美原朝市でお買い求めいただけます。

古代米の米飴 赤のたがね 黒のたがね
赤のたがね(写真左) 黒のたがね(写真右)

古代米酒「美原くろひめ」

 美原オリジナルの名称や商品デザインを考えたいという「美原 未来・まちデザインひろば」メンバーの意向に西條合資会社が賛同し、「美原くろひめ」が誕生しました。
 このネーミングは、美原区の代表的な歴史資源である黒姫山古墳を発信したいという思いから名づけられました。

製造元:西條合資会社(河内長野市長野町12-18)
電話:0721-55-1101

古代米酒「美原くろひめ」

このページの作成担当

美原区役所 企画総務課
電話:072-363-9311 ファックス:072-362-7532
〒587-8585 堺市美原区黒山167-1 美原区役所内

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市他区のホームページ

Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る