このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

市税の滞納と滞納処分

更新日:2017年1月1日

 市税は、定められた期限(納期限)までに、納税者の皆さんに自主的に納めていただくものです。

 納期限までに納税しないことを「滞納」といいます。滞納になると、納期限までに納めた方との公平を保つため、本来の税額のほかに、延滞金もあわせて納めていただくことになります。

市税の滞納処分を強化しています

問い合わせ

市税事務所(納税)

収税課

延滞金

 延滞金の計算は次のとおりです。延滞金を計算する際の利率はかなり高いものとなっており、思いもよらない高額になることもあります。たとえ、うっかり忘れていただけであっても、納期限に間に合わなければ、延滞金は課されます。

 特に、固定資産税・都市計画税、市・府民税(普通徴収)は、年に4回納期がありますので、納め忘れにご注意ください。

延滞金(注2)=(税額(注1)×(A)/365×2.7%)+(税額(注1)×(B)/365×9.0%)

 納期限の翌日から1カ月を過ぎる日までの期間(A)に適用される延滞金の割合・・・2.7%(注3)
 納期限の翌日から1カ月を経過した期間(B)に適用される延滞金の割合・・・9.0%(注3)

(注1) 延滞金の対象となっている税額が2,000円未満の場合はその全額を、2,000円以上の場合は1,000円未満端数を切り捨てます。
(注2) 計算の結果、延滞金が1,000円未満の場合はその金額を、1,000円以上の場合は100円未満端数を切り捨てます。
(注3) (A)及び(B)の期間に適用される延滞金の割合は平成29年1月1日現在のものであり、今後の特例基準割合の水準により変更されることもあります。

(参考)各年の延滞金の割合
 

納期限の翌日から1カ月を過ぎる日までの期間に適用される割合

納期限の翌日から1カ月を経過した期間に適用される割合

平成12年1月1日から平成13年12月31日 4.5% 14.6%
平成14年1月1日から平成18年12月31日 4.1% 14.6%
平成19年1月1日から平成19年12月31日 4.4% 14.6%
平成20年1月1日から平成20年12月31日 4.7% 14.6%
平成21年1月1日から平成21年12月31日 4.5% 14.6%
平成22年1月1日から平成25年12月31日 4.3% 14.6%
平成26年1月1日から平成26年12月31日 2.9% 9.2%
平成27年1月1日から平成28年12月31日 2.8% 9.1%
平成29年1月1日から平成29年12月31日 2.7% 9.0%

滞納処分

 滞納になると、地方税法に基づき、督促状を発送します。

 法律では、「督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しないとき」は「財産を差し押さえなければならない」と定めています。しかし、堺市では、納税者の単なる不注意や特別な事情により納付できない場合などを考慮して、督促状の送付後も催告書を送付するなどして、できるだけ早く税金を納めていただくよう働きかけています。

 それでもなお納税されない場合には、大切な市税を確保するため、また、納期限までに納めた方との公平を保つために、財産(不動産、動産、給料、預貯金など)を差押えます。また、差押えのあとも特別な理由もなく滞納が続く場合は、差押えた財産の取立てや公売などの処分を行い、滞納された市税へ充当します。

 こうした差押えや取立て、公売などの一連の手続きを滞納処分といいます。滞納処分は、自主的に納税していただけない場合に、法律に基づく手続きにより市税の確保を図るものです。

納期内納税で市税を大切に

 このように市税の滞納は、納税者にとって不利益であることはもちろん、市にとっても大きな損失になります。というのも、滞納を整理するために多額の費用がかかるからです。この費用も、本来は福祉・教育・土木事業などに使われるべき貴重な市税から支出されることになります。

 市税は、市民みんなの財産です。市税を有効に使うため、納期内納税にご協力ください。

納税相談

 納期内に納税できない事情のある方は、お早めにご相談ください。事情によって市税の減免や納税の猶予制度の適用を受けられる場合もあります。督促状を放置したり、催告を無視したりしても問題の解決にはなりません。電話でも窓口にお越しいただいても結構です。ぜひ一度ご相談ください。

相談窓口

市税事務所(納税)

収税課

相談時間

平日の月曜から金曜日、午前9時から午後5時30分(窓口の受け付けは、午後5時15分まで)
*電話による夜間納税相談窓口を開設することがあります。
日時は催告書に同封しているリーフレットに記載しているほか、「広報さかい」、当ホームページなどでもご案内します。

このページの作成担当

財政局 税務部 収税課
電話:(企画管理係・収納係)072-228-3957、(納税整理係・市外納税係・納税管理係)072-228-7434、(特別整理係)072-228-7400、(インターネット公売専用電話)072-228-7356 ファックス:072-228-7618
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る