このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

事業所税

更新日:2017年4月3日

 事業所税は、大都市の都市環境の整備および改善事業に要する費用に充てるために設けられた目的税です。市内の事務所・事業所において、法人や個人が行う事業に対してかかります。

問い合わせ:市民税管理課法人課税係

資産割と従業者割について

 事業所税には事業所床面積に応じて課税される資産割と、従業者給与総額に応じて課税される従業者割があります。

 詳しくは「事業所税の手引き(PDF:2,122KB)」及び「非課税、課税標準の特例、減免の一覧表(PDF:398KB)」をご覧ください。

事業所税の申告を

 市内の事業所等(事務所、店舗、工場、倉庫など)の床面積が800平方メートル以上または従業者数が80人以上の場合は申告してください。
また、事業所等を新設した場合は、1カ月以内に届出をしてください。

区分 資産割 従業者割
納税義務者 事務所等(事務所、店舗、工場倉庫など)において事業を行う法人または個人
課税標準 法人 事業年度終了の日現在における事業所床面積 事業年度中に支払われた従業者給与総額
個人 その年の12月31日現在における事業所床面積 その年中に支払われた従業者給与総額
税率 1平方メートルにつき年額600円 従業者給与総額の100分の0.25
免税点 事業所床面積1,000平方メートル以下(注) 従業者数100人以下(注)
納税の方法 納税義務者が課税標準や税額などを申告し、納めることになっています。
納付期限 法人 事業年度終了の日から2カ月以内
個人 翌年の3月15日まで

(注)
1 事業所税は、市内のすべての事業所等を合算して課税されます。なお、免税点に関わらず、次の場合にも申告が必要です。

(1) 市内の事業所などの床面積800平方メートル以上または従業者数が80人以上の場合
(2) 前事業年度または前年中に納付すべき事業所税額があった場合
(3) 事業所などを他に貸し付けている場合

2 免税点の判定は、資産割と従業者割とを別々に行いますので、どちらか一方だけが課税されることもあります。

各種申告申請様式

市税の申請書ダウンロードへ

電子申告のご利用を

事業所税の申告には、インターネットによる電子申告eLTAX(エルタックス)をご利用ください。事業所税申告書、事業所等新設・廃止申告書などの提出ができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

財政局 税務部 市民税管理課
電話:(管理係)072-228-7030、(特別徴収係)072-228-7043、(法人課税係 法人市民税担当)072-228-7537、(法人課税係 事業所税担当)072-228-7284 ファックス:072-228-7618
(管理係、法人課税係)〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館8階
(特別徴収係)〒590-0015 堺市堺区南田出井町1丁1番1号 2階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る