このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

4.申告と納税

更新日:2015年1月5日

(1)申告

 1月1日現在堺市内に住所がある方は、次の場合を除き、毎年2月16日から3月15日(土曜日又は日曜日のときは翌月曜日)に市民税・府民税申告書を提出してください。申告会場など詳しくは市税のホームページや広報さかいでお知らせします。

 申告が不要な方

 (ア)前年中に所得のなかった方(ただし、所得証明書が必要な方は申告をしてください。)
 (イ)所得税の確定申告をした方
 (ウ)前年中の所得が給与所得だけで、勤務先から市役所へ給与支払報告書が提出されている方(ただし、雑損控除、医療費控除、寄附金税額控除等の適用を受けようとする方は申告してください。)
 (エ)前年中の所得が公的年金等だけで、前年中の収入金額が155万円以下(65歳未満の人は105万円以下)の方

 前年中に所得がなかった場合でも、前年の課税状況等を勘案し、申告書を送付する場合があります。申告書はご自身で作成できますので、申告の手引きを参照のうえご記入願います。提出は郵送いただくか、直接お持ちいただくこともできます。

個人市民税の税額試算と申告書作成ができます

 個人市民税の税額を試算したり、申告書を作成することができます。
 作成した申請書は印刷して郵送で提出することもできます。ぜひご利用ください。

(2)納税の方法

 個人の市民税・府民税を納めていただくには、普通徴収特別徴収の2つの方法があります。

普通徴収 特別徴収
○対象:事業所得者など特別徴収の対象者以外の方
○納税方法:市役所から送付する納税通知書により納めていただきます。口座振替・自動払込ペイジーによる納付もご利用いただけます。
○対象:【1】給与所得者【2】年金受給者のうち一定の方
○納税方法:
【1】給与の支払者(会社など)が、市役所からの通知に基づいて各人の税額を6月から翌年の5月までの12回に分けて毎月の給与から差し引き、納めます。
【2】年金の支払者が、市役所からの通知に基づいて各人の税額を年金の支払月(偶数月)ごとに年金から差し引き、納めます。
納期:6月・8月・10月・翌年の1月 納期:徴収した月の翌月10日まで

給与所得者の人が年の途中で退職すると…

 特別徴収されていた納税者が退職した場合、残りの税額は普通徴収により納めていただくことになりますが、次の方法によることもできます。

  • 退職時に一括して納める。(1月から4月までの間に退職された人は、一括納税になります。)
  • (再就職をする場合)再就職先から引き続き特別徴収により納める。この場合、再就職先から市役所へ連絡が必要です。

給与から特別徴収されていた市民税・府民税の取扱いについて、よくあるお問い合わせはこちら(市民税に関する質問)

電子申告のご利用を!

個人の市民税・府民税(特別徴収)の給与支払報告書などの提出には、インターネットによる電子申告eLTAX(エルタックス)をご利用ください。給与支払報告書、特別徴収関係の切替届出書などを提出することができます。

お問い合わせ

「普通徴収」と「年金所得に係る特別徴収」に関するお問い合わせは市税事務所(市民税)
「給与所得に係る特別徴収」に関するお問い合わせは市民税管理課特別徴収係

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る