このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

訪問販売に注意しましょう

更新日:2017年4月24日

相談

「新築分譲マンションに入居した翌日、浄水器の点検と言って訪問があり、管理会社の関係者と思い室内に入れた。最初から付いているカートリッジは4カ月で交換しなければならないが、この製品なら10年間交換不要だと言われた。すぐに取り替えてもらい、現金で代金を払ったが、後で管理会社と無関係だと分かった。解約したい。

消費生活センターから

 契約日の3日後だったので、すぐにクーリング・オフの手続きを助言し、消費生活センターからも業者に電話しましたが、電話に誰も出ず、結局返金されませんでした。

 訪問販売の場合は、法定の契約書面の交付日を含めて8日以内に書面で通知すればクーリング・オフできますが、中には返金しない業者や連絡が取れない業者もいます。
 
 最近はセキュリティ対策が強化され、関係者以外は建物内に入ることができないマンションが増えていますが、今回の事例のように、新築分譲のために入居者の引越しが集中する時期には、引越し作業に紛れて訪問販売業者が建物内に入ってくることがあります。
  
信用できない業者とは契約しないようにしましょう。

 区役所市政情報コーナーや消費生活センターでは、望まない訪問販売を断るため玄関などに貼る「悪質な訪問販売お断りシール」を配布していますので、ご利用ください。

このページの作成担当

市民人権局 市民生活部 消費生活センター
電話:072-221-7146(相談専用) ファックス:072-221-2796
〒590-0076 堺市堺区北瓦町2丁4-16 堺富士ビル内

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

消費者トラブル情報

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る