このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

マイクロソフト社を装う偽メールにご注意!

更新日:2017年1月31日

相談内容

 マイクロソフト社のセキュリティーチームを名乗って「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正にコピーされています」とのメールが届いた。
 メールの本文に記載されている認証サイトにアクセスすると、アカウントのサインイン画面が表示され、先に進むと氏名・住所・電話番号などの個人情報を入力する画面が表示された。
 途中まで項目に従って入力したが、クレジットカード情報の入力を求められる項目があり、不審に感じた。
 このような相談が消費生活センターに寄せられました。

アドバイス

 このメールは、実在するマイクロソフト社からのメールではありません。
 メールの本文において、WordやExcelなど「Office」と呼ばれるマイクロソフト社の一連の製品の利用に必要な暗証番号にあたるプロダクトキーについて、第三者に不正利用されていると利用者の不安を煽る手口です。
 このように利用者へ精神的不安を与え、落ち着いた判断がしにくくなった状態にし、個人情報を盗み取ることを目的とした偽の認証サイトに誘導するものです。
 こうした手口は一般的に「フィッシング」と呼ばれています。

対策

 万一当該メールに記載されている偽の認証サイトへアクセスし、実際に使用しているマイクロソフトIDやパスワードを入力してしまった場合は、速やかにマイクロソフト社の公式サイトからアカウント情報の変更手続きをしてください。他のサイトで同じアカウント情報を利用している場合は、当該サイト側においても変更手続きをしてください。
また、クレジットカード番号まで入力を完了してしまった場合は、併せてクレジットカード会社にも連絡をし、速やかにカード番号の変更などの手続きをおこないましょう。

 なお、フィッシング対策協議会において、1月12日付け及び31日付けでそれぞれ注意喚起がなされています。
また、「フィッシング」の手口についても掲載されていますので、ご参照ください。

フィッシング対策協議会
バナーをクリックするとフィッシング対策協議会のホームページへ遷移します。

補足

 1月12日付で出回っていましたメールと30日以後出回っているメールとでは、送信元のメールアドレスが変わっていることが確認されています。
 今後も、送信元だけでなく、メールの内容や誘導先のサイトのレイアウトを変えるなど様々な手口が考えられますのでご注意ください。

参考

当該フィッシングメール及び誘導先のサイトは以下のような形式で出回っています。

このページの作成担当

市民人権局 市民生活部 消費生活センター
電話:072-221-7146(相談専用) ファックス:072-221-2796
〒590-0076 堺市堺区北瓦町2丁4-16 堺富士ビル内

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

消費者トラブル情報

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る