このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

南部丘陵の緑地保全について

更新日:2020年3月17日

南部丘陵の景色

 南部丘陵は堺市でも唯一の豊かな里山環境が残された貴重なエリアです。
 多様な生物が生息する「里地里山」として、子どもたちの「環境学習」の場として、地域文化を継承する「原風景」として、低炭素社会に貢献する「クールダム」として、そして堺市を流れる石津川の「源流域」として、市民にとっても非常に大切な緑地です。
 南部丘陵は、大阪府の「生物多様性ホットスポット」のAランク(平成26年10月)に選定されたエリアであり、また、環境省の「生物多様性保全上重要な里地里山(重要里地里山)」(平成27年12月)にも選定されています。

 
 堺市では、南部丘陵に残されたまとまった緑地を次の世代に継承していくため、緑地保全制度を活用し、緑豊かな自然環境を保全、活用した取組を進めています。

南部丘陵の緑地保全に関する説明会を開催しました

南部丘陵の緑地保全制度について

保全緑地

 堺市緑の保全と創出に関する条例に基づき、都市の良好な自然環境及び景観の形成並びに動植物の生息・生育地の確保を目的とした制度です。

  • 管理形態

土地所有者による管理になります。

  • 行為の制限

樹林に影響を与える行為は、事前に市長へ届出が必要です。

緑地保全制度に関する許可申請等の様式

  • 指定状況

保全緑地面積:約2.6ha
                                      

特別緑地保全地区

 都市緑地法に基づき、都市の無秩序な拡大の防止に資する緑地、都市の歴史的・文化的価値を有する緑地、生態系に配慮したまちづくりのための動植物の生息、生育地となる緑地等の保全を図ることを目的とした制度です。

  • 税に関する優遇措置

・固定資産税評価額が最大1/2まで減免されます。
・相続税及び贈与税の評価額が8割評価減となります。
・特別緑地保全地区の指定により、市にその土地を売却する際には、譲渡所得(土地の売買による利益)が、2,000万円まで控除される場合があります。

  • 管理形態

・土地所有者による管理になります。
・管理協定を締結した場合は、市が管理します。

  • 行為の制限

樹林に影響を与える行為は市長の許可が必要です(原則として樹林に影響を与える行為は禁止)。

緑地保全制度に関する許可申請等の様式

  • 指定状況

・名称:鉢ヶ峯寺特別緑地保全地区
・面積:約14ha
・指定年月日:令和2年2月3日

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

建設局 公園緑地部 公園緑地整備課
電話:072-228-7424 ファックス:072-228-1336
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館17階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る