このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ブロック塀等の安全点検について

更新日:2018年6月26日

平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とするマグニチュード6.1の地震において、ブロック塀等の倒壊により、尊い命が犠牲となりました。
道路に面するブロック塀等が倒壊した場合、通行人に危害が及んだり、避難・救援活動の支障となる可能性があります。所有者の方は、今一度ブロック塀の安全性の確認をおねがいします。

建築基準法のブロック塀等の基準

一般的なブロック塀等は、建築基準法施行令第62条の8や平成12年建設省告示第1355号で構造基準が設けられています。基準を守って安全なブロック塀をつくるように心がけましょう。
また、既存のブロック塀等についても、基準に従い設置されていない場合や劣化の具合によっては倒壊のおそれがありますので、安全点検を実施するとともに、必要に応じて補強工事や撤去などの安全対策の実施をお願いします。

組積造(鉄筋無し)

高さ:1.2m以下とする
壁の厚さ:高さの1/10以上
控壁の間隔:長さ4m以下ごとに控壁を設置(控壁の長さは壁の厚さの1.5倍以上)
基礎:根入れ深さは20センチメートル以上とする。
鉄筋:該当なし

補強コンクリートブロック造(鉄筋有)

高さ:2.2m以下とする
壁の厚さ:高さが2m超の場合15センチメートル以上、高さが2m以下の場合10センチメートル以上
控壁の間隔:高さが1.2mを超える場合は、塀の長さ3.4m以下ごとに控壁を設ける(控壁の長さは壁の高さの1/5以上)
基礎:高さが1.2mを超える場合、基礎せいは35センチメートル以上とし、根入れ深さは30センチメートル以上とする
鉄筋:壁の頂部及び基礎に横筋を配置
   壁の両端及び隅角部に縦筋を配置
   縦筋、横筋を80センチメートル以内に配筋
   鉄筋の先端はかぎ状に折り曲げる

既存ブロック塀の安全確認

既存ブロック塀等の安全点検や安全対策については、工務店、建築士や建築士事務所等の専門知識を有する方に相談していただくことをおすすめします。

民間の相談窓口

・一般財団法人 大阪建築防災センター (受付時間:平日 10:00~16:30)
 電話番号 06-6942-0190

・一般社団法人 大阪府建築士事務所協会 (受付時間:平日 10:00~17:00)
 電話番号 06-6946-7065

・公益社団法人 大阪府建築士会 (受付時間:平日 13:00~16:00)
 電話番号 06-6947-1966

・公益社団法人 日本建築家協会近畿支部 (受付時間:平日 10:00~17:00 要予約)
 電話番号 06-6229-3371

ブロック塀等の点検について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。建築物の塀(ブロック塀や組積造の塀)の安全点検等について

(国土交通省のホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ブロック塀を点検しよう!

ブロック塀を自己点検できるチェックリスト
(大阪府のホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。あんしんなブロック塀をめざして(外部リンク)

(日本建築学会等)

このページの作成担当

建築都市局 開発調整部 建築防災推進課
電話:072-228-7482 ファックス:072-228-7854
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 高層館13階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る