このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

資料9 年金生活者支援給付金制度

更新日:2019年9月12日

年金生活者支援給付金制度について

年金生活者支援給付金は、年金を含めても所得が低い方の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。
令和元年10月から施行され、受け取るには請求書の提出が必要です。 

詳しくは日本年金機構のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。年金生活者支援給付金制度について(日本年金機構)

対象となる方の支給要件

老齢年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たしている方が対象です。

  • 65歳以上で老齢基礎年金の受給者である。
  • 世帯全員の市府民税が非課税である。
  • 前年の公的年金等の収入額とその他の所得額の合計が879,300円以下である。

障害・遺族年金生活者支援給付金

以下の要件をすべて満たしている方が対象です。

  • 障害基礎年金または遺族基礎年金の受給者である。
  • 前年の所得が462万1,000円+扶養親族の数×38万円(注1)以下である。

(注1) 同一生計配偶者のうち70歳以上の者または老人扶養親族の場合は48万円、
     特定扶養親族または16歳以上19歳未満の扶養親族の場合は63万円となります。

請求手続き

◇ 平成31年4月1日以前から老齢、遺族、障害基礎年金を受給している方
年金生活者支援給付金を受け取れる方には、令和元年9月に日本年金機構から請求手続きの案内を送付します。必要事項を記入して、すみやかに日本年金機構に提出してください。期限までに提出された方の初回支払いは12月中旬となります。(期限を過ぎても手続きは可能ですが、12月末日を過ぎて手続きした場合、手続きをした月の翌月分からの支給となります。)

年金生活者支援給付金対象月
令和元年12月までに請求した場合 制度が始まる令和元年10月分からの支給
令和2年1月以降に請求した場合 請求した月の翌月分からの支給


◇ 平成31年4月2日以降に老齢、障害、遺族基礎年金の受給が始まる方
年金の請求手続きを行った際に、あわせて年金生活者支援給付金の請求手続きをされた方は、10月以降、審査結果が届きます。
対象の方の初回支払いは12月中旬となります。
支給要件に該当していても、請求手続きを行わなければ、年金生活者支援給付金を受け取ることができません。
年金の請求手続きを行う際に、あわせて給付金の請求手続きを行ってください。

問い合わせ先

日本年金機構が支払い事務を行いますので、詳しくは日本年金機構の「年金生活者支援給付金専用ダイヤル」にお問い合わせください。

「年金生活者支援給付金専用ダイヤル」
年金生活者支援給付金に関する一般的なお問い合わせ

電話:0570-05-4092(ナビダイヤル)
 050で始まる電話でおかけになる場合は(東京)03-5539-2216(一般電話)
受付時間:
月曜日       午前8時30分から午後7時
火曜日から金曜日   午前8時30分から午後5時15分
第2土曜日      午前9時30分から午後4時
※月曜日が祝日の場合は、翌日以降の開所日初日に午後7時まで相談をお受けします。
※祝日(第2土曜日を除く)、12月29日から1月3日はご利用いただけません。

詳しくは日本年金機構のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「年金生活者支援給付金」がはじまります(日本年金機構)

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 医療年金課
電話:072-228-7375 ファックス:072-222-1452
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る