このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

資料2 加入者と種別について

更新日:2016年4月1日

国民年金は、20歳以上60歳未満のすべての人が加入します。

 国民年金は、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する年金制度です。
農業、漁業、商業などの自営業の人、学生、厚生年金保険の加入者とその配偶者も加入します。加入は、職業や生活パターンの変化に応じて変わります。

第1号被保険者

厚生年金保険に加入していない、20歳以上60歳未満の人。
(自営業者・農林漁業者・自由業者・学生・無職の人・老齢(退職)給付の受給期間を満たしている人・障害給付の受給権者・遺族給付の受給権者・国会議員・地方議会の議員など)

保険料は区役所へ加入の届出をして個別に保険料を納めます。

任意加入者

・日本国内に住所のある60歳以上65歳未満の人(保険料納付は原則口座振替です)
・海外に在住している20歳以上65歳未満の日本人
・老齢(退職)年金を受給している60歳未満の人
・年金受給権を満たしていない65歳以上70歳未満の人(昭和40年4月1日以前に生まれた人に限る)

第2号被保険者

厚生年金保険の被保険者(老齢(退職)年金の受給資格のある65歳以上の加入者は除きます)(注1)

保険料は個別に納める必要はありません。国民年金と二重に加入することになり、国民年金の保険料は加入している制度からまとめて納められます。

(注1)被用者年金制度の一元化に伴い、平成27年10月1日から公務員および私学教職員も厚生年金に加入することになりました。

第3号被保険者

厚生年金保険の被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人。

保険料は個人で納める必要はありません。配偶者の加入している年金制度全体で負担します。配偶者の勤務先を通じて年金事務所へ個別に加入の届出が必要です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公的年金制度の仕組みについてはこちらから(厚生労働省ホームページ)

このページの作成担当

健康福祉局 生活福祉部 医療年金課
電話:072-228-7375 ファックス:072-222-1452
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る