このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

アスベストの一般大気環境濃度について

更新日:2018年7月9日

 堺市では、平成17年度からアスベストによる大気汚染状況を把握するため、市内の各調査地点においてアスベスト大気環境調査を行っています。

一般大気環境中のアスベスト濃度の推移

 一般環境中のアスベスト濃度の環境基準はありませんが、大気汚染防止法のアスベスト製品の生産又は加工にかかる工場等の敷地境界基準(1リットル当たり10本)より十分に低く、また、世界保健機構(WHO)の環境保健クライテリアの「世界の都市部の一般環境中の石綿濃度は、1リットル当たり1本~10本程度であり、この程度であれば、健康リスクは検出できないほど低い」との記述の値と比較しても十分に低い値で推移しています。

【世界保健機構(WHO)の環境保健クライテリア】
世界の専門家による調査会員が化学物質の種類ごとに、人の健康に及ぶ影響を総合的に評価し、公表した評価書

注)
・グラフの平均値は年度ごとの市内調査地点の幾何平均値を示す。(環境省のアスベストモニタリングマニュアルにおいて、総繊維を平均する際には、幾何平均値を用いることとされている)
・平成22年度のアスベストモニタリングマニュアルの改訂(平成22年6月)により、アスベスト濃度(クリソタイル濃度)を測定する方法から、総繊維数濃度を測定する方法に変更しており、平成22年度以降は総繊維数濃度を示す。

*総繊維数濃度とは、長さ5μm以上、幅(直径)3μm未満で、かつ長さと幅の比(アスペクト比)が3:1以上の繊維状物質を計数したものであり、アスベストモニタリングマニュアルでは、総繊維数濃度がやや高い値(目安としては1本/Lを超過)の場合は、分析走査電子顕微鏡等によりアスベストを同定することとしている。

各年度の環境大気中のアスベスト調査結果

平成30年度環境大気中のアスベスト調査結果

平成29年度環境大気中のアスベスト調査結果

平成28年度環境大気中のアスベスト調査結果

平成27年度環境大気中のアスベスト調査結果

平成26年度環境大気中のアスベスト調査結果

平成25年度環境大気中のアスベスト調査結果

このページの作成担当

環境局 環境保全部 環境共生課
電話:072-228-7440 ファックス:072-228-7317
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館4階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る