このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺トラム・青らん運行開始

更新日:2016年11月28日

平成27年3月1日から堺トラム・青らんの運行が開始しました

堺トラムの運行について

 平成27年3月1日から堺トラムが「茶ちゃ」「紫おん」「青らん」の3両体制になり、天王寺駅前~浜寺駅前間の毎日運行を行います。
 「堺トラム」は、平日に上下 計20便土休日に上下 計17便運行する予定です。
 ※一部我孫子道発着の区間運転があります。
 ※点検等により、代替車両での運行となる場合があります。
 ※上記以外にも、堺トラムが運行する場合があります。

 堺トラムの運行ダイヤ等、詳細につきましては、阪堺電気軌道株式会社のホームページをご覧ください。

堺トラムの特徴

(堺トラム ちゃちゃ)
 「茶ちゃ」の外観は、世界文化遺産登録をめざす百舌鳥古墳群や阪堺電車の緑と千利休の「わび」をイメージした白茶をベースに、アクセントにシャンパンメタリックを配し、車体前後部に「堺刃物」をイメージした黒のラインをレイアウトしています。
 呼称については、「茶」にちなんだ「茶ちゃ」としました。

(堺トラム おん)
 「紫おん」の外観は、内外装の基本的なデザインは「茶ちゃ」と共通ですが、車両の個性化を図ることを目的に、車体側面上部のカラーを堺が生んだ近代文学を代表する与謝野晶子さんが好んだ色であり、堺市の花である「ハナショウブ」をイメージする紫色としています。
 呼称については、与謝野晶子やハナショウブをイメージする呼称であることや「しおん」という響きに温かみがあり、誰にでも優しい低床式車両であることから「紫おん」としました。

(堺トラム せいらん)
 「青らん」の外観は、堺発展の象徴である海の青さをイメージする色であること、堺市の市旗の色であること、かつて東洋一といわれた浜寺の海水浴場をイメージする色であることから「青」を用いることとしました。
 呼称については、浜寺の海や堺市の市旗の色である青色を表現しており、響きが良いことと、日本の伝統色である「青藍」(せいらん)が堺市の市旗の色に近く、「らん」が「走る」「藍」といった様々意味を持ち、今回の堺トラムをイメージさせることから「青らん」としました。

 車内は、木材を随所に使うとともに、木目柄・和紙柄の化粧板、すだれカーテン、電球色ダウンライトを用い落ち着いた和のイメージを、また、「堺更紗」をモチーフにしたシート柄で華やかさも演出しています。
 また、窓が大きいため、車内からの眺望が非常に優れていることや、車内の移動をしやすくするよう通路幅を最大限確保していることによって、車内の快適性が向上しています。
 さらに、車内に設置された液晶画面には運賃や次の停留場を表示するとともに、堺の観光映像を放送することで阪堺線を利用された方に堺の観光をPRしています。

 これまでの車両では停留場との段差が約40センチあったのに対して、堺トラムでは段差が約5センチと乗り降りする際の段差がなく、高齢の方や障害のある方、ベビーカーの方など、誰もが利用しやすい車両となっています。

フォトギャラリー

このページの作成担当

建築都市局 交通部 交通政策課
電話:072-228-7756 ファックス:072-228-8468
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館16階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る