このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市消防局
  • 防災のために
  • あなたの街の消防署
  • 講習会・試験案内
  • 消防局のご紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

市民による人命救助に対して感謝状を贈呈

更新日:2017年5月10日

 2月26日(日曜)、堺市西区鳳東町の飲食店内で43歳の男性が突然意識を無くして倒れ心肺停止なりました。店員の中村稜(なかむら りょう)さんは速やかに119番通報をするとともに、消防局指令員から胸骨圧迫についての指令内容を傷病者と同席していた小川達也(おがわ たつや)さんに伝えました。小川達也さんと同飲職店店員の大西快さん(おおにし かい)さんは伝えられた内容に従って「絶え間ない胸骨圧迫」を実施し、到着した救急隊員に引き継ぎました。その結果、傷病者は後遺症もなく無事に退院することが出来ました。
 この素晴らしい連携活動に対し、傷病者を搬送した医療機関の医師からは、「後遺症なく脳蘇生につながったのは、バイスタンダー(その場に居合わせた人)の功績が大きいと思われます。」とのコメントを頂きました。
 堺市西消防署署長は、5月7日(日曜)、この三人に対しバイスタンダーとしての功績を称え感謝状を贈呈しました。

表彰状の写真

感謝状の贈呈を受けた小川さんは「目の前で人が倒れるのは初めてのことで、一刻を争う緊迫した状況の中でとても不安だったが、助かって本当にうれしかった。今回のことで、行動することの大切さを改めて感じた。今後も今回のような場に居合わせた場合は、勇気を持って、躊躇せずに行動したい。」、また大西さんは「とてもドキドキしたが、無我夢中で胸骨圧迫を行った。後遺症もなく無事に退院されたと聞き、とてもうれしい。」と語ってくれました。
 また、感謝状を贈呈した西浦 教之 西消防署長は、「今回の勇気ある行動が広く認知されることで、市民の方々に救命講習を受講していただき、バイスタンダーとして胸骨圧迫等の救命措置を実施していただければ、一人でも多くの命が助かることに繋がります。」とコメントしました。

【写真右から】堺区中田出井町在住の小川達也さん、西区草部在住の中村稜さん、中区深阪在住の大西快さん

表彰式の写真

119通報から救急車が到着するまでの間、その場に居合わせた人による胸骨圧迫等の救命措置の有無が、傷病者の運命を左右します。ぜひ、救命講習を受講しましょう。
【問合】 西消防署 274-0119 FAX271-1122

応急手当に関する講習についてはこちら

このページの作成担当

消防局 西消防署
電話:072-274-0119 ファックス:072-271-1122
〒593-8323 堺市西区鶴田町29番18号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市消防局

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号 代表電話:072-238-0119 ファックス:072-223-6938
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る