このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市消防局
  • 防災のために
  • あなたの街の消防署
  • 講習会・試験案内
  • 消防局のご紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

通報から出場まで

更新日:2012年12月19日

 堺市消防局が現在行っている、通報から災害現場出場までの一連の流れを紹介します。内容についてはあくまで一例であり、状況に応じて消防の対応は変化することがあります。通報時には落ち着いて指令係の質問に答えてください。

火災の場合

○○時○○分、指令室に119番通報入電。(119番通報要領はこちらへ(119番通報))

 指令室:「119番消防です。火事ですか?救急ですか?」
 通報者:「火事です。」
 指令室:「住所とお名前をお願いします。」
 通報者:「○○市(○○区)○○町1丁2番3号、○○です。」

 このとき、指令室では住所(住所がわからないときは目標となる建物名など)をコンピュータ入力し、指令室の電子地図により災害地点を特定しています。コンピュータは計算を行い、災害地点から近い順に必要な消防車両(一般的な火災の場合、タンク車3台、ポンプ車3台、救急車、救助工作車など)を選び出します。

災害場所の住所は正確に!

 現在の指令システムでは、災害地点を特定することによって出場する消防車両を決定するので、通報者からの災害地点情報が最重要となります。住所がわかる場合はその住所と建物の名称(個人宅の場合は宅名)を、住所がわからない場合は近くにある目標物(近くの建物の名称、交差点の名前、通行している道路名など)を正確に伝えてください。

携帯電話からの通報は注意が必要です!

 携帯電話からの119番通報は可能ですが、例えば堺市または高石市内で119番通報をしても電波の状況によっては堺市と高石市を管轄している堺市消防局に入電するとは限りません。住所を伝えるときは市名を伝えるように心がけましょう。

 一方、災害地点に近い○○消防署では、コンピュータの計算により配置されている消防車両が選ばれたので、「予告ブザー」が鳴り響きます。この時点から、隊員は現場活動の準備に入ります。

 指令室では、通報者からさらに詳しい情報を聞き取り、全ての消防署に指令を流します。

「火災指令、火災指令、○○市(○○区)○○町1丁2番方面、建物火災、指令終わり」

 全ての消防署では指令書(災害地点の住所、出場する消防車両一覧、水をくみあげる消火栓の番号、気象情報などが書かれている)が出力され、出場する消防車両に乗り組む隊員は指令書を持って災害現場に急行します。
全ての消防車両には詳細な地図が積載されており、指令書に書かれた情報を頼りに地図で場所を確認し、機関員(運転手)に指示を出しながら現場に向かいます。
このときのために、消防職員は日々パトロールを行い、消防車両が通れないような狭い道の確認、道路工事の状況把握、消火栓の点検などを行っています。

消火栓の上に駐車するのはやめましょう

 消火するために使用する消火栓は道路上に数多く存在します。しかし消火栓の上に駐車するなど、消火栓付近に障害物があると現場活動に支障をきたす恐れがあります。被害を最小限に食い止めるためにも、消火栓の上に駐車するのはやめましょう。

 現場に向かう消防車両に対して、指令室からはさらに詳細な情報を、無線で送信しています。例えば、
 「屋内に逃げ遅れた人がいる模様、人命救助を優先せよ」
 「南側に延焼の恐れあり、南側から進入し延焼阻止にあたれ」
など、そのときの状況により迅速に対応できるよう、指令室では様々な情報を集めて無線で出場各隊に情報を送信します。また、現場の隊長と連絡を密にとりながら被害を最小限に食い止めるように努めています。また、現場状況により必要であれば、さらに消防車両を出場させます。

救急の場合

○○時○○分、指令室に119番通報入電。(119番通報要領はこちらへ(119番通報))

 指令室:「119番消防です。火事ですか?救急ですか?」
 通報者:「救急です。」
 指令室:「住所とお名前をお願いします。」
 通報者:「○○市(○○区)○○町1丁2番3号、○○です。」

 このとき、指令室では住所(住所がわからないときは目標となる建物など)をコンピュータ入力し、指令室の電子地図により災害地点を特定しています。コンピュータは計算を行い、災害地点から最も近い救急車を選び出します。

災害場所の住所は正確に!

 現在の指令システムでは、災害地点を特定することによって出場する救急車を決定するので、通報者からの災害地点情報が最重要となります。住所がわかる場合はその住所と建物の名称(個人宅の場合は宅名)を、住所がわからない場合は近くにある目標物(近くの建物の名称、交差点の名前、通行している道路名など)を正確に伝えてください。

携帯電話からの通報は注意が必要です!

 携帯電話からの119番通報は可能ですが、例えば堺市または高石市内で119番通報をしても電波の状況によっては堺市と高石市を管轄している堺市消防局に入電するとは限りません。住所を伝えるときは市名を伝えるように心がけましょう。

 さらに、患者がどのような状況であるかを聞き取り、選ばれた救急車が配置されている消防署に指令を流します。

 指令室:「どうされましたか?」
 通報者:「おばあちゃんが倒れました。」

「救急指令、救急指令、○○市(○○区)○○町1丁2番方面、急病、指令終わり」

 指令が流れた○○消防署では指令書(災害地点の住所などが書かれている)が出力され、救急隊員は指令書を持って災害場所に急行します。
全ての救急車両には詳細な地図が積載されており、指令書に書かれた情報を頼りに地図で場所を確認し、機関員(運転手)に指示を出しながら現場に向かいます。

 一方、指令室ではさらに詳細な情報を聞き取ります。

 指令室:「呼吸と脈はありますか?」
 通報者:「ありません。」
 指令室:「今すぐ人工呼吸と心臓マッサージを行ってください。方法はわかりますか?」
 通報者:「わかりません。」

 指令係は心肺蘇生法の指導を行います。指令係の指示にしたがって、人工呼吸、心臓マッサージを行ってください。

応急手当を覚えましょう

 あなたの身近な人がいつ倒れるかもわかりません。いざというときのために応急手当を覚えましょう。心肺停止状態になってから最初の5分間の応急手当が生死を分けます。あなたの行動が尊い命を救います。
消防では救命講習を行っております。ぜひ、皆さんの参加をお待ちしております。

 通報者から情報収集している間でも、別の指令係が救急隊に向け無線で情報を送信し、現場活動を迅速に行えるように努めています。

このページの作成担当

消防局 警防部 通信指令課
電話:072-238-6053 ファックス:072-223-6938
〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市消防局

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号 代表電話:072-238-0119 ファックス:072-223-6938
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る