このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • 堺市トップページ

堺市消防局
  • 防災のために
  • あなたの街の消防署
  • 講習会・試験案内
  • 消防局のご紹介
サイトメニューここまで

本文ここから

ごみ収集車の火災が発生しました!

更新日:2015年3月12日

ごみ収集車の火災が発生しました!(平成27年1月13日)

 スプレー缶やカセットボンベを最後まで使い切らないまま、他のごみと同じ袋に入れて出されることが主な原因と考えられる火災が毎年発生しています。
 平成27年1月13日(火曜)、堺市南区内のごみ集積場に出された「生活ごみ」を収集し、運搬していたところ、ごみ収集車の中でごみが発火する火災事故が発生しました。
 排出されたごみの中からは、「スプレー缶」「使い捨てライター」「カセットボンベ」が多数見つかっており、収集する際の圧縮作業でガスが車内に噴き出し、運搬中に収集車内で発火したと考えられます。
 火災事故の防止については、堺市ホームページや、堺市環境局の資源とごみの出し方便利帳、堺市消防局ホームページなどで啓発を続けてまいりましたが、火災事故の根絶に至っていないのが現状です。

ごみ収集車の火災による影響は?

 火災事故が発生すると、隣接する住宅や通行人の方に重大な被害を及ぼす恐れがあります。また、収集作業員の人命やごみ収集車・ごみ処理施設の損傷にいたることがあります。

ごみ収集の火災原因は?

 平成22年から5年間を見てみると、15件(年平均3件)のごみ収集車火災が、「生活ごみ」の収集作業中に発生しています。スプレー缶、カセットボンベ、使い捨てライターの中身が残っていると、ごみ収集車の中でガスが漏れ、金属同士の摩擦による火花で引火し火災が起こります。

ごみ出しの際に注意してほしいこと!

 スプレー缶やカセットボンベは中身を使い切り、他の小型金属とは分けて別袋に入れ、「スプレー缶」と貼り紙でわかるように表示し、穴を開けず小型金属の日(月1回)に出してください。
 また、残留ガスを出し切る時は、火の気のない風通しのいい屋外で行ってください。

今一度、ごみの分別と適正な排出ルールについてご確認いただき、ご協力をお願い致します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。小型金属(家電製品を除く)の出し方【月1回】(堺市環境局)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。資源とごみの出し方便利帳(堺市環境局)

このページの作成担当

消防局 予防部 予防査察課
電話:072-238-6005 ファックス:072-228-8161
〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。

堺市消防局

〒590-0976 堺市堺区大浜南町3丁2番5号 代表電話:072-238-0119 ファックス:072-223-6938
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る