このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

避難された方の保育所等への優先利用及び利用者負担の軽減について

更新日:2015年9月11日

東日本大震災で被災され堺市へ避難された方のうち、保育認定の事由に該当する場合、次のとおり市内認可保育所等への優先的な利用調整を行います。

対象児童

◆対象児童

平成25年8月20日までに堺市に避難されており、かつ「東日本大震災被災者サポートカード」を所持する保護者で、保育認定の事由に該当する世帯の乳幼児

保育認定の事由

事由 内容
(1)就労

1カ月に64時間以上労働することが常態である場合
(フルタイムのほか、パートタイム、居宅内の労働(自営業等)など、基本的にすべての就労を含む)

(2)妊娠・出産 妊娠中であるか又は出産後間がない場合
(3)病気等

病気、負傷、精神若しくは心身に障害を有している場合

(4)介護

同居の親族(長期間入院などをしている親族を含む)を常時介護又は看護をしている場合

(5)災害復旧

震災、風水害、火災その他の災害の復旧にあたっている場合

(6)求職活動(*)

求職活動(起業準備を含む)を継続的に行っている場合

(7)就学 就学(職業訓練校等における職業訓練を含む)をしている場合
(8)その他 その他、上記に類する状態として市長が認める場合

(*)求職活動中の方へ
 認定期間は3カ月を経過する日の月末までです。その期間に就労できなかった場合、基本的に保育の利用が出来なくなりますのでご注意ください。

保育所等利用の申込み方法等

市内の認可保育所(園)等に入所を希望される場合、各区役所子育て支援課へ申し込みが必要です。なお、申し込み時には、「東日本大震災被災者サポートカード」を所持している旨を窓口でお伝えください。
申込み方法や申込みに必要な書類については、 「保育所等の利用申込み 【認定こども園(保育部分)・保育所・地域型保育事業を希望される方へ】」をご覧ください。

利用者負担

利用者負担の減免

東日本大震災で被災され、自己所有の自宅が全壊・半壊したり、震災の影響から二重生活となり利用者負担の納付が困難となった場合、利用者負担の減免が可能な場合がございますので、各区子育て支援課までご相談ください。

このページの作成担当

子ども青少年局 子育て支援部 幼保推進課
電話:072-228-7173 ファックス:072-222-6997
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る