このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

「スケアード・ストレート自転車交通安全教室」を実施しました

更新日:2014年10月7日

 「交通事故をなくす運動」堺市推進協議会では、平成26年10月2日に堺市立堺高等学校グラウンドにてスケアード・ストレート手法を用いた自転車交通安全教室を実施しました。
 当日は、堺高校生徒・教職員をはじめ保護者や地元自治会からも御参加をいただきました。
 また、本協議会からは会長の竹山市長をはじめ田村副市長、堺警察署・教育委員会等からの出席のもと、盛況に開催することができました。
 スタントマンが一旦停止を無視するなどのルール違反による事故の再現シーンでは、会場内に緊張感が伝わるなど有意義な自転車交通安全教室となりました。

交差点での事故

死角による事故

自転車の悪い乗り方による事故

 自転車は、運転免許も不要で通勤・通学等、日常生活に大変便利な乗り物です。また、環境にも優しく健康にもよいことから、近年、注目が高まってきています。
 しかし、その一方で交通ルールやマナー違反による事故の割合も高く、堺市内における交通事故件数のうち約3割が自転車の関連する事故となっています。また、高校生の交通事故では、約7割の事故に自転車が関連しています。
 そこで、スケアード・ストレート手法を用いた自転車交通安全教室を実施し、『ルール違反がどのような恐ろしい事故につながるか』、『ルールやマナーを守ることは、自分たちの身を守ることはもとより、歩行者など相手の安全を確保するためにある』などの交通安全意識の向上を図っています。
〈スケアード・ストレート〉
 スケアードとは怖がる・おびえるの意味があります。恐怖を実感することでそれにつながる危険行為を未然に防ぐことを目的としています。

これは昨年実施した、大阪府立金岡高等学校での様子です

GetADOBE FLASH PLAYER

(動画:13分36秒)

このページの作成担当

建設局 自転車まちづくり部 自転車企画推進課
電話:072-228-7636 ファックス:072-228-0220
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館20階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る