このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

令和元年度 放課後児童対策事業について(制度案内、各種手続様式はこちら)【のびのびルーム、堺っ子くらぶ(のびのびルーム、すくすく教室)、放課後ルーム】

更新日:2019年10月23日

校区別実施事業一覧

通学校の右の欄に表示されている事業名を選択してください(該当事業の制度案内、様式掲載箇所に移動します)。
なお、学年によって事業が異なる場合は利用年度における学年を選択してください。
※当ページの内容は令和元年度に利用希望の方向けのご案内です。
令和2年度に利用希望の方はこちらをご確認ください(利用年度ごとにそれぞれお申込いただく必要があります)。

堺区

小学校名 実施事業名
錦西、市、錦綾、錦、熊野、榎、英彰、安井、神石、大仙 のびのびルーム

三宝、浅香山、少林寺、大仙西

堺っ子くらぶ

三国丘、新湊

中区

小学校名

実施事業名

八田荘、久世、西陶器、宮園、福田、八田荘西、土師、深井西、深阪 のびのびルーム

深井、東百舌鳥、東陶器

堺っ子くらぶ

東深井

東区

小学校名

実施事業名

登美丘東、野田、日置荘西、八下西、登美丘南 のびのびルーム

南八下、日置荘、登美丘西

堺っ子くらぶ

白鷺
※白鷺小学校では、のびのびルームで1~6年生を、放課後ルームで6年生を受入。
6年生は、のびのびルームか放課後ルームどちらか一方を選択してお申し込みください。

西区

小学校名 実施事業名
浜寺石津、浜寺、津久野、平岡、鳳南、家原寺、福泉上、福泉東、上野芝 のびのびルーム

鳳、向丘、浜寺東

堺っ子くらぶ

福泉             

浜寺昭和
※浜寺昭和小学校では、のびのびルームで1~6年生を、放課後ルームで6年生を受入。
6年生は、のびのびルームか放課後ルームどちらか一方を選択してお申し込みください。

南区

小学校名 実施事業名

上神谷、福泉中央、竹城台、茶山台、泉北高倉、槇塚台、桃山台、竹城台東、新檜尾台、はるみ、城山台、三原台、原山ひかり

のびのびルーム

美木多、宮山台、若松台、庭代台、赤坂台、御池台

堺っ子くらぶ

北区

小学校名 実施事業名

東浅香山、新金岡、北八下、光竜寺、大泉、新金岡東、新浅香山、中百舌鳥、西百舌鳥

のびのびルーム

東三国丘、金岡南

堺っ子くらぶ

金岡、百舌鳥

五箇荘東
※五箇荘東小学校では、のびのびルームで1~6年生を、放課後ルームで5~6年生を受入。
5~6年生は、のびのびルームか放課後ルームどちらか一方を選択してお申し込みください。

五箇荘
※五箇荘小学校では、のびのびルームで1~6年生を、放課後ルームで6年生を受入。
6年生は、のびのびルームか放課後ルームどちらか一方を選択してお申し込みください。

美原区

小学校名 実施事業名
黒山、平尾、美原北、八上、美原西、さつき野

のびのびルーム

のびのびルーム

◆制度について◆

 放課後等における児童の健全育成と子育て支援を図るため、小学校の余裕教室等を活用して、小学生の児童を対象に、放課後等における児童一人ひとりの安全確保を図り、主に集団による遊びやスポーツ活動等を行うことで、自主性・社会性・協調性を養うことを目的に開設します。

利用の対象

1年生から6年生までの留守家庭等児童優先
  
※ただし、三国丘・新湊・東深井・福泉・百舌鳥・金岡
の各小学校については1年生・2年生・3年生のみ
   
→上記の各小学校に在籍又は小学校区に在住の4年生・5年生・6年生については、こちらのページをご覧下さい。

開設日及び
開設時間

月曜日から金曜日  → 放課後から午後6時30分まで
土曜日や長期休業中(夏休み含む) → 午前8時から午後6時30分まで
   
※利用時間延長制度利用者のみ、午後7時まで時間延長可能(月単位で受付)

休室日

日曜日
祝休日
12月29日から1月3日まで

保護者負担金
  • 負担金  月額8,000円(日割なし、減額・免除制度あり)
  • 利用時間延長制度負担金 月額1,000円(通常負担金に加算、日割なし、減額・免除制度あり)
  • おやつ代 月額2,000円
  • 保険料  年額800円  (有効期限 令和2年3月31日まで)  

  ※おやつ代・保険料については減額・免除制度なし

負担金の減額・免除制度

(1)生活保護法による被保護世帯⇒全額免除
(2)市町村民税非課税世帯⇒全額免除
(3)市町村民税のうち、均等割額のみ負担する世帯⇒半額減額
    
上記いずれかの条件に当てはまる世帯は、負担金額が全額免除もしくは半額減額となります。
※減額・免除制度の利用を希望される場合、「利用申込書」の他、「一部負担金減額・免除申請書」(必要書類を添付)のご提出が必要です。

定員

あり(各ルームにより異なります)。定員を超えた場合は待機となります。
なお、待機となる場合、隣接する校区のルームを利用できる場合がありますのでお問い合わせください。

その他

原則お迎えが必要
(土曜日や長期休業中等は送り迎えが必要)

◆各種手続について◆

以下の希望する手続のファイルに必要事項を記入の上、下記提出先まで、郵送または持参にて提出願います。
なお、一部の様式は下記提出先及び各小学校等内の放課後児童対策事業実施場所においても配布しています。
<提出先>
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 放課後子ども支援課(高層館 11階)
持参の場合は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分まで(祝日及び12/29~1/3除く)。
TEL:072-228-7491
※市役所へのアクセスはこちら
※各区役所、放課後児童対策事業実施場所、学校では受付できません。

(1)利用を開始したいとき

長期休業等年度途中からのお申込みも随時受け付けています(月途中からの利用の場合も月額の負担金は満額必要です)。
※受付期間等の詳細はこちら

制度の説明について(提出不要)

・利用のご案内(PDF:2,308KB)
※内容をご確認の上、以下の書類をご提出ください。

全員必須
(児童1人につき1部)

・利用申込書、児童状況調査票(PDF:4,889KB)

該当者のみ
(世帯ごとに1部)

(利用時間延長制度を利用する場合のみ)
・利用時間延長申込書(PDF:174KB)

(保護者負担金の減額・免除を申請する方のみ)
・一部負担金減額・免除申請書(PDF:152KB)
※減額・免除の要件は、様式の4に記載のとおりです。
保護者の離婚・失業等の事情により、要件と同等となる場合はご相談ください。

(保護者就労等世帯のみ)
・就労証明書(PDF:131KB)
※全ての就労している保護者分をご提出ください。
お勤め先での発行に時間がかかる等、利用申込書及び児童状況調査票と同時にご提出いただけない場合は、発行でき次第速やかにご提出願います(定員に余裕があれば就労証明書の有無は影響しませんが、待機になる場合はご案内の順番に影響します)。
※保護者の疾病・就学及び親族の介護等の理由で利用を希望される方は、就労証明書の代わりに、そのことを証明する診断書や在学証明書等の写しを提出してください。

(2)利用を中止(退室)するとき

・退室届(PDF:134KB)
※退室をさせようとする日の1週間前までにご提出ください。

(3)新たに利用時間延長制度を利用したいとき

・利用時間延長申込書(PDF:174KB)
※延長の開始を希望する日の属する月の初日の1週間前までにご提出ください。

(4)利用時間延長制度を中止するとき

・利用時間延長中止届(PDF:128KB)
※延長を中止させようとする日の1週間前までにご提出ください。

(5)新たに保護者負担金の減額・免除を申請するとき

・一部負担金減額・免除申請書(PDF:152KB)
※減額・免除の要件は、様式の4に記載のとおりです。
 保護者の離婚・失業等の事情により、要件と同等となる場合はご相談ください。
※減額・免除決定がされた場合、申請書を受理した翌月分の負担金から適用されます。

(6)保護者負担金の減額・免除決定を受けた際の理由が消滅したとき

・一部負担金減額・免除理由消滅届(PDF:111KB)

(7)先に提出した書類の内容に変更があるとき

・変更届(PDF:128KB)
※就労先に変更があった場合は、(9)の就労証明書も併せてご提出願います。

(8)一時的に休室をするとき

・休室届(PDF:138KB)
※休室ができる場合は、限定されています(詳細は様式下部の備考参照)。

(9)新たに就労された、または就労先に変更があったとき

・就労証明書(PDF:131KB)
※就労先に変更があった場合は、(7)の変更届も併せてご提出願います。

(10)利用開始の手続きをしたが、利用を取りやめるとき

・辞退届(PDF:88KB)
※利用開始日の1週間前までにご提出ください。

堺っ子くらぶ

◆制度について◆

 放課後等に、小学校の余裕教室等を活用して、小学生の児童を対象に、「遊び・体験・交流・生活」の場を提供することで、児童が豊かな放課後等を過ごせるようにすることを目的に開設します。
 留守家庭等児童を対象に、放課後等における児童の健全育成と子育て支援を図るため、児童の安全管理及び自主性・社会性・協調性を養うことを目的とする「のびのびルーム」と、希望するすべての児童を対象に、魅力ある体験プログラム等を行い、総合的な思考力・判断力・表現力を養うことを目的とする「すくすく教室」の両事業を連携して実施します。

名称

のびのびルーム(就労等家庭児童対象)】

   【すくすく教室(全児童対象)】

利用の対象

上記の小学校に在籍
又は小学校区に在住する
1年生から6年生までの留守家庭等児童

上記の小学校に在籍
又は小学校区に在住する
1年生から6年生までの全児童

開設日及び
開設時間

月曜日から金曜日   
→ 放課後から午後6時30分まで
土曜日や長期休業中 
→ 午前8時から午後6時30分まで
※利用時間延長制度利用者のみ、
午後7時まで時間延長可能(月単位で受付)

月曜日から金曜日   
→ 放課後から午後5時まで
土曜日や長期休業中 
 午前9時から午後5時まで

休室日

日曜日
祝休日
12月29日から1月3日まで

保護者負担金
  • 負担金  月額8,000円

  (日割なし、減額・免除制度あり)

  • 利用時間延長制度負担金 月額1,000円

  (日割なし、通常負担金に加算、減額・免除制度あり)

  • おやつ代 月額2,000円
  • 保険料  年額800円

  (有効期限 令和2年3月31日まで)
  
※おやつ代・保険料については
減額・免除制度なし

  • 負担金  月額4,000円

  (日割なし、減額・免除制度あり)
  (※ただし、8月のみ 月額6,000円)

  • 保険料  年額800円

  (有効期限 令和2年3月31日まで)
   
※保険料については減額・免除制度なし
※おやつはなし

負担金の減額・免除制度

(1)生活保護法による被保護世帯⇒全額免除
(2)市町村民税非課税世帯⇒全額免除
(3)市町村民税のうち、均等割額のみ負担する世帯⇒半額減額
   
上記いずれかの条件に当てはまる世帯は、負担金額が全額免除もしくは半額減額となります。
※減額・免除制度の利用を希望される場合、「利用申込書」の他、「一部負担金減額・免除申請書」(必要書類を添付)のご提出が必要です。

定員

あり
(各くらぶにより異なります。)
定員を超えた場合は待機となります。
なお、待機となる場合、隣接する校区のルームを利用できる場合がありますのでお問い合わせください。

あり
(各くらぶにより異なります。)
定員を超えた場合は待機となります。

その他

原則お迎えが必要
(土曜日や長期休業中は送り迎えが必要)

集団下校
(原則お迎えが必要な校区も有)

◆各種手続について◆

以下の希望する手続のファイルに必要事項を記入の上、下記提出先まで、郵送または持参にて提出願います。
なお、一部の様式は下記提出先及び各小学校等内の放課後児童対策事業実施場所においても配布しています。
<提出先>
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 放課後子ども支援課(高層館 11階)
持参の場合は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分まで(祝日及び12/29~1/3除く)。
TEL:072-228-7491
※市役所へのアクセスはこちら
※各区役所、放課後児童対策事業実施場所、学校では受付できません。

(1)利用を開始したいとき

長期休業等年度途中からのお申込みも随時受け付けています(月途中からの利用の場合も月額の負担金は満額必要です)。
※受付期間等の詳細はこちら

堺っ子くらぶ(のびのびルーム)の場合
制度の説明について(提出不要)

・利用のご案内(PDF:2,548KB)
※内容をご確認の上、以下の書類をご提出ください。

全員必須
(児童1人につき1部)

・利用申込書、児童状況調査票(PDF:413KB)

全員必須
(世帯ごとに1部)

・就労証明書(PDF:130KB)
※全ての保護者分をご提出いただかなければ申込受付ができません。
※保護者の疾病・就学及び親族の介護等の理由で利用を希望される方は、就労証明書の代わりに、そのことを証明する診断書や在学証明書等の写しを提出してください。

該当者のみ
(世帯ごとに1部)

(利用時間延長制度を利用する場合のみ)
・利用時間延長申込書(PDF:175KB)

(保護者負担金の減額・免除を申請する方のみ)
・一部負担金減額・免除申請書(PDF:154KB)
※減額・免除の要件は、様式の4に記載のとおりです。
保護者の離婚・失業等の事情により、要件と同等となる場合はご相談ください。

堺っ子くらぶ(すくすく教室)の場合
制度の説明について(提出不要)

・利用のご案内(PDF:2,148KB)
※内容をご確認の上、以下の書類をご提出ください。

全員必須
(児童1人につき1部)

・利用申込書、児童状況調査票(PDF:377KB)

該当者のみ
(世帯ごとに1部)

(保護者負担金の減額・免除を申請する方のみ)
・一部負担金減額・免除申請書(PDF:154KB)
※減額・免除の要件は、様式の4に記載のとおりです。
保護者の離婚・失業等の事情により、要件と同等となる場合はご相談ください。

(2)利用を中止(退室)するとき

・退室届(PDF:136KB)
※退室をさせようとする日の1週間前までにご提出ください。

(3)新たに利用時間延長制度を利用したいとき(のびのびルームのみ)

・利用時間延長申込書(PDF:175KB)
※延長の開始を希望する日の属する月の初日の1週間前までにご提出ください。

(4)利用時間延長制度を中止するとき(のびのびルームのみ)

・利用時間延長中止届(PDF:130KB)
※延長を中止させようとする日の1週間前までにご提出ください。

(5)新たに保護者負担金の減額・免除を申請するとき

・一部負担金減額・免除申請書(PDF:154KB)
※減額・免除の要件は、様式の4に記載のとおりです。
 保護者の離婚・失業等の事情により、要件と同等となる場合はご相談ください。
※減額・免除決定がされた場合、申請書を受理した翌月分の負担金から適用されます。

(6)保護者負担金の減額・免除決定を受けた際の理由が消滅したとき

・一部負担金減額・免除理由消滅届(PDF:114KB)

(7)先に提出した書類の内容に変更があるとき

・変更届(PDF:130KB)
※のびのびルームのみ、就労先に変更があった場合は、(9)の就労証明書も併せてご提出願います。

(8)一時的に休室をするとき

・休室届(PDF:139KB)
※休室ができる場合は、限定されています(詳細は様式下部の備考参照)。

(9)新たに就労された、または就労先に変更があったとき(のびのびルームのみ)

・就労証明書(PDF:130KB)
※就労先に変更があった場合は、(7)の変更届も併せてご提出願います。

(10)利用開始の手続きをしたが、利用を取りやめるとき

・辞退届(PDF:105KB)
※利用開始日の1週間前までにご提出ください。

◇放課後ルーム◇

◆制度について◆

 放課後等に、小学校施設を利用して、小学校の高学年児童を対象に、学習をはじめ様々な体験・交流活動等の場を提供することで、児童の学習の習慣付けを図るとともに、意欲や関心を広げることを目的に開設します。

利用の対象
  • 三国丘・新湊・東深井・福泉・百舌鳥・金岡の各小学校に在籍又は小学校区に在住の4年生・5年生・6年生
  • 五箇荘東小学校に在籍又は小学校区に在住の5年生・6年生

  • 白鷺・浜寺昭和・五箇荘の各小学校に在籍又は小学校区に在住の6年生

開設日及び
開設時間

月曜日から金曜日 → 放課後から午後6時まで
土曜日や長期休業中 → 午前9時から午後6時まで
※夏休み期間中のみ → 午前8時30分から午後6時まで
※利用時間延長制度利用者のみ、午後7時まで時間延長可能(月単位で受付)

休室日

日曜日
祝休日
12月29日から1月3日まで

保護者負担金

負担金  月額4,000円 (日割なし、8月のみ 月額6,000円)
利用時間延長制度負担金 月額1,000円(通常負担金に加算、日割なし)
保険料  年額800円(有効期限 令和2年3月31日まで)
(※教材費は別途実費にて負担)

定員 あり(各ルームにより異なります)。定員を超えた場合は待機となります。
その他

原則お迎えが必要
(土曜日や長期休業中は送り迎えが必要)

◆各種手続について◆

以下の希望する手続のファイルに必要事項を記入の上、下記提出先まで、郵送または持参にて提出願います。
なお、一部の様式は下記提出先及び各小学校等内の放課後児童対策事業実施場所においても配布しています。
<提出先>
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号
堺市役所 放課後子ども支援課(高層館 11階)
持参の場合は、月曜日から金曜日の午前9時から午後5時30分まで(祝日及び12/29~1/3除く)。
TEL:072-228-7491
※市役所へのアクセスはこちら
※各区役所、放課後児童対策事業実施場所、学校では受付できません。

(1)利用を開始したいとき

長期休業等年度途中からのお申込みも随時受け付けています(月途中からの利用の場合も月額の負担金は満額必要です)。
※受付期間等の詳細はこちら

制度の説明について(提出不要)

・利用のご案内(PDF:1,621KB)
※内容をご確認の上、以下の書類をご提出ください。

全員必須
(児童1人につき1部)

・利用申込書、児童状況調査票(PDF:345KB)

該当者のみ
(世帯ごとに1部)

(利用時間延長制度を利用する場合のみ)
・利用時間延長申込書(PDF:172KB)

(2)利用を中止(退室)するとき

・退室届(PDF:134KB)
※退室をさせようとする日の1週間前までにご提出ください。

(3)新たに利用時間延長制度を利用したいとき

・利用時間延長申込書(PDF:172KB)
※延長の開始を希望する日の属する月の初日の1週間前までにご提出ください。

(4)利用時間延長制度を中止するとき

・利用時間延長中止届(PDF:127KB)
※延長を中止させようとする日の1週間前までにご提出ください。

(5)先に提出した書類の内容に変更があるとき

・変更届(PDF:127KB)

(6)一時的に休室をするとき

・休室届(PDF:137KB)
※休室ができる場合は、限定されています(詳細は様式下部の備考参照)。

(7)利用開始の手続きをしたが、利用を取りやめるとき

・辞退届(PDF:86KB)
※利用開始日の1週間前までにご提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

教育委員会事務局 地域教育支援部 放課後子ども支援課
電話:072-228-7491 ファックス:072-228-7009
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館11階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日)にご利用の方向け

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る