このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

母子家庭等自立支援教育訓練給付金事業

更新日:2017年4月14日

 ひとり親家庭の父又は母(20歳未満の児童を扶養する配偶者のない者)が、仕事をする上で必要な資格取得や能力開発をするために、就業相談を通じて、指定した講座を受講した場合に自立支援教育訓練給付金を支給します。

1 対象者

 次の全ての要件を満たすひとり親家庭の父又は母(20歳未満の児童を扶養する配偶者のない者)で、給付決定を受けるまで引き続き要件に該当していることが必要です。

  •  堺市にお住まいの方
  •  児童扶養手当の支給を受けている方又は、同様の所得水準にある方
  •  過去に自立支援教育訓練給付金の支給を受けたことがない方
  •  事前相談を通じて資格取得に結びつき、適職に就くために必要であると認められる方
  •  教育訓練修了後、調査に協力いただける方
  •  暴力団員及び暴力団密接関係者でない方

※ 雇用保険法による一般教育訓練給付金を受給されている方で平成29年4月1日以降に新たに自立支援教育訓練給付金の対象となった方は、各支給決定額の差額が支払われる場合があります。

2 教育訓練講座

 対象講座は雇用保険制度の教育訓練給付の指定講座等です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働大臣指定教育訓練講座検索システム(中央職業能力開発協会ホームページ)

3 支給金額(平成29年4月1日以降に修了した場合)

 支払った費用の6割相当額(1円未満切り捨て)で、上限20万円、下限1万2千円(1万2千円は含みません)。ただし、雇用保険の受給資格があり、一般教育訓練給付の支給をうける者に対しては、教育訓練講座の受講費用の6割(上限20万円)と一般教育訓練給付による給付額との差額を支給します。

 注)支払った費用とは、教育訓練施設に対して支払われた入学料、受講料、消費税の内、教育訓練施設の長が証明する経費が対象となります。ただし、希望により行われる訓練や提供される教材等に要する費用は除きます。

4 申請方法

 認定が必要ですので受講を希望する教育訓練の受講開始日前までに認定申請を行って下さい。

 注)受講対象講座としての認定を受ける前に講座を受講した場合は、給付金が支給されません。

5 認定申請に必要な書類

  •  児童扶養手当の証書
     (児童扶養手当を受給されていない方は、戸籍謄本又は抄本、所得証明書が必要です)
  •  教育訓練給付金支給要件回答書(居住地のハローワークが発行)
  •  受講講座の案内書(金額、受講期間のわかるもの)

問い合わせ

各区役所 保健福祉総合センター 子育て支援課

※ 給付の対象になるかどうか、養成機関のパンフレット等をご用意のうえ、お住まいの区の区役所子育て支援課まで事前に相談してください。

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども青少年育成部 子ども家庭課
電話:072-228-7331 ファックス:072-228-8341
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る