このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

子どもの虐待とは

更新日:2021年2月19日

 平成12年11月20日「児童虐待の防止等に関する法律」が施行されました。同法第2条に親や親にかわる養育者などが、子どもに対して行う以下の行為を虐待と定義づけています。

身体的虐待

殴る・蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する 等

性的虐待

子どもに性的行為を求める、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする 等

ネグレクト

家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない  等

心理的虐待

言葉で脅す、無視する、きょうだい間で著しく差別的に扱う、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(面前DV)等

ひとりで抱え込まないでください

虐待しそうになったとき、虐待してしまったとき

悩んだり、困ったりしたときは、話すことで子どももあなたも救われます。
ひとりで抱え込まないで、気楽に相談機関に相談しましょう。

虐待に気づいたとき

児童福祉法及び児童虐待防止法において、児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに、市区町村(区役所子育て支援課)もしくは児童相談所(子ども相談所)に通告することが義務づけられています。連絡した人の秘密は守られます。

子育てに悩んだり、疲れたりしたときはご利用ください

児童虐待に気がつくポイント

子どもの様子

  • やけどや、あざが多い。また、原因についての親の説明が不自然。
  • 夜遅くまで一人で出歩いたり、家に帰りたがらない。
  • 親といる時、おどおどしたり、表情が乏しい。
  • 衣類が極端に汚れていたり、季節に合わない服を着ている。
  • 食べ物に対して異常に執着する。
  • 性的なことで過度に反応したり、不安を示したりする。

保護者の様子

  • 子どもを大声で怒鳴ったりすることがある。
  • 毎日のように子どもを長時間泣かせている。
  • 子どもを置いたまましばしば外出する。
  • 病気らしいのに、医者にみせようとしない。
  • 登園・登校させていない。
  • 子どもの扱いが冷たい、あるいは子どもを無視している。

秘密は必ず守ります。こちらへご連絡ください。

  • 地域の民生委員・児童委員

各区役所 保健福祉総合センター 子育て支援課

子ども相談所

堺市子ども虐待ダイヤル・児童相談所虐待対応ダイヤル

子ども虐待の発見・通告から支援への流れ

この他、電話相談もあります。主な窓口はこちらです。

子どもの人権や虐待に関する相談

教育・学校生活に関する相談

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども青少年育成部 子ども家庭課
電話:072-228-7331 ファックス:072-228-8341
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る