このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

フッ素でむし歯予防

更新日:2012年12月19日

堺市では乳幼児のむし歯予防対策として、各保健センターで実施している1歳6か月児健康診査、「子どもの歯相談室」にて1歳6カ月以上4歳未満の希望者にフッ素塗布を行っています。(無料、1人1回限り)

フッ素について

フッ素ってどんなもの

フッ素は私たちの身の回りの植物や動物、人間の身体の中(骨や歯など)にも含まれている物質です。私たちは、毎日の食べ物や飲み物からフッ素を身体に取り入れています。

フッ素のはたらき

  • 歯の質を強くします
  • むし歯菌が歯をとかす酸をつくる機能を抑制します
  • むし歯になりかけた歯(ごく初期のむし歯)をもとにもどします

フッ素の安全性

一度に多量のフッ素を摂取すると、吐き気、嘔吐、腹部不快感があります。フッ素の急性中毒量は体重1キログラムあたりフッ素として2ミリグラム以上。体重15キログラムの子どもでは30ミリグラムのフッ素量で中毒を生じます。一般に使用するフッ素の容量では、心配はいりません。

このページの作成担当

子ども青少年局 子ども青少年育成部 子ども育成課
電話:(育成係・子ども保健係)072-228-7612、(青少年係)072-228-7457 ファックス:072-228-8341
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る