このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

認可外保育施設(ベビーシッターを含む)を利用される方へ

更新日:2016年4月1日

認可外保育施設とは

 保育を行うことを目的とする施設であって、都道府県知事(指定都市市長、中核市市長を含む。以下同じ。)の認可を受けていない(又は認可を取り消された)施設を総称して認可外保育施設と呼んでいます。
 具体的には、公費の助成の有無に関係なく、保育者の自宅で行うものや、保育者が訪問して児童の居宅で行うもの(居宅訪問型保育事業、いわゆるベビーシッター事業)、少人数のものも含まれます。
 また、幼稚園以外で幼児教育を目的とする施設において、1日4時間以上、週5日、年間39週以上施設で親と離れることを常態としている場合も、認可外保育施設に含まれます。

認可外保育施設を選ぶにあたって

 認可外保育施設は、すべての施設において 「認可外保育施設指導監督基準」(厚生労働省)(PDF:480KB)を満たすことが必要となっています。また、事業所の職員の乳幼児のみを預かる施設など一部を除いて、事業開始の日から1カ月以内に必要事項を届けることが義務付けられており、本市において、年1回の立ち入り調査を実施しています。
 堺市に提出された届出等をもとに「認可外保育施設一覧」として、各認可外保育施設の情報を掲載しておりますが、参照するにあたり「認可外保育施設一覧」の【留意事項】をよくお読みください。
 保育施設を決める際には、事前に施設を見学し、保育内容などを、当該保育施設の設置者、管理者(園長など)にご確認ください。

堺市に届出のあった認可外保育施設の一覧はこちら

 なお、これらの施設は認可外保育施設としての届出を行った施設であり、児童福祉法第35条第4項等に基づく認可を受けた施設ではありません。

【 参考リンク 】
 厚生労働省で作成されたよい保育施設の選び方十か条(外部リンク)は、こちらです。ベビーシッター(居宅訪問型保育事業)のご利用をお考えの方は、『ベビーシッターなどを利用するときの留意点(外部リンク)』もあわせてご一読ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

子ども青少年局 子育て支援部 幼保推進課
電話:072-228-7173 ファックス:072-222-6997
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る