このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

露店営業・自動車による営業について

更新日:2018年1月19日

露店営業について

 野外で簡易な調理設備を設ける露店では、食品を扱う施設、設備が十分ではありません。
 このため、取り扱うことのできる食品は、調理行為が簡易で、提供する直前に加熱する品目に限ります。
 直前加熱しない品目のうち、かき氷、わらびもち、飲料のみ取扱いが可能です。

露店営業で取扱い可能な食品

取扱い可能な食品の例
許可の種別 食品の例
飲食店営業 たこ焼き、焼きそば、フランクフルト、フライドポテト、おでん、酒類※1等
喫茶店営業 清涼飲料水※1、甘酒、ぜんざい、紅茶、コーヒー、かき氷※2等
菓子製造業 ベビーカステラ、たい焼き、クレープ※3、わらびもち、せんべい等
営業許可が不要 焼き芋、焼トウモロコシ、ポップコーン、綿菓子、りんごあめ類、ソースせんべい、ミルクせんべい等

※1 酒類、清涼飲料水:業務用サーバー等を使用する場合は許可が必要です。コップに既製品を注いで販売する場合は許可不要です。
   ただし、氷を加えること、水で希釈すること、2種類以上の飲料を混合することはできません。
※2 かき氷:シロップ(清涼飲料水)をかけるもののみとし、フルーツやクリーム類のトッピングはできません。
※3 クレープ:トッピングはジャムやチョコレートソース等簡易なもののみとし、フルーツやクリーム類の使用はできません。

露店営業で禁止されている食品・行為について

・提供直前に加熱していない食品(さしみ、サラダ、サンドイッチ、冷やしパスタなど)
・米飯の取扱い(おにぎり、カレーライスの調理はできません)
・クリーム類(生クリーム、ホイップクリーム、カスタードクリーム、アイスクリーム類)を使用した食品
・野菜、果実を使用したフルーツジュース、スムージー等の調製
・原材料の一次加工(野菜を刻む、たこ焼きのたこを切る等)
※原材料の一次加工は、営業許可を受けた施設等(一次加工所という)で行うか、あらかじめカットされたものを仕入れてください。自宅は一次加工所として認められません。

露店営業の許可に必要な設備について

食品営業設備の大要
設備項目 材質・名称 備考
手洗い設備 洗浄槽(ポリバケツ、シンク等)又はアルコールスプレー  

洗浄設備

洗浄槽(ポリバケツ、シンク等)  
(器具)消毒方法 アルコールスプレー又は消毒液等  
給水量 20リットル以上(ふた付きポリタンク) 食品製造用水
排水設備 ポリバケツ、ポリタンク等 給水タンクの容量以上あり、洗浄が容易にできるもの
食品保管設備 合成樹脂等のふた付き容器 密閉できるもの
食器器具保管設備

合成樹脂等のふた付き容器

密閉できるもの

冷蔵設備 冷蔵庫又はクーラーボックス等  
廃棄物容器 ふた付きポリバケツ等  
作業着・帽子 清潔な専用の作業着、帽子等  
屋根・側壁 屋根と側壁(三方囲い)のあるテント等  
食器 使い捨ての紙製、樹脂製等 使い捨てを推奨

露店営業の許可申請に必要な書類

1.営業許可申請書
2.営業施設の図面
3.露店による食品営業設備の大要
4.申請手数料…飲食店営業8,000円、喫茶店営業4,800円、菓子製造業7,000円
5.一次加工所の図面(許可証写しでも可)…一次加工する場合
6.登記事項証明書(原本)…法人の場合

提出様式は、こちらのページからダウンロードしていただけます。

その他の注意事項

1.下痢や吐き気などの胃腸炎症状や、発熱、手指に傷のある方は、食品の調理はひかえてください。
2.手洗いを徹底し、できる限り使い捨て手袋やマスクを着用しましょう。
3.原材料について聞かれた際に、アレルギー物質(卵、乳、小麦、落花生、えび、かに、そば等)の情報について、正確に伝えるようにしてください。
4.食品を取り扱う場所に、関係者以外の者を立ち入らせないようにしましょう。
5.調理と金銭の取扱いは別の人が担当するようにしましょう。
6.許可証を見やすいところに掲示してください。

自動車による営業について

自動車に調理設備を設置し、人が車内に乗り込み食品を調理販売する場合は、食品衛生法に基づく営業許可(自動車営業)が必要となります。

 ただし、人が乗って車内で調理できない自動車の場合は、露店営業の許可が必要です。

 自動車営業では、取り扱う食品により、必要な設備基準が異なります。 詳しくは保健所食品衛生課までご相談ください。

自動車営業が認められている業種

自動車営業で申請できるのは、次の8業種です。

1.飲食店営業、2.喫茶店営業、3.菓子製造業、4.乳類販売業、5.食肉販売業、6.魚介類販売業、7.アイスクリーム類製造業、8.豆腐製造業

自動車営業の許可に必要な設備について

【食品営業設備の大要】
設備項目 材質・名称等(※) 備考
取扱品目 給湯・洗浄設備、給水量、冷蔵設備に応じて、直前加熱した食品、加熱済食品に制限されます。(詳しくは保健所食品衛生課にお問合わせください。)  
営業車の概要 自動車登録番号又は車両番号、車体番号、車種(車検証で確認します)  
手洗い設備 洗浄槽(ポリバケツ、シンク等)又はアルコールスプレー  
洗浄設備 洗浄槽(シンク)  
(器具)消毒方法 アルコールスプレー又は消毒液等  
給水量 40リットル以上(ふた付きポリタンク) 食品製造用水
排水設備 ポリバケツ、ポリタンク等 給水タンクの容量以上あり、洗浄が容易にできるもの
食品保管設備 合成樹脂等のふた付き容器 密閉できるもの
食器器具保管設備 合成樹脂等のふた付き容器 密閉できるもの
冷蔵設備 冷蔵庫又はクーラーボックス等  
廃棄物容器 ふた付きポリバケツ等  
作業着・帽子 清潔な専用の作業着、帽子等  
食器 使い捨ての紙製、樹脂製等 使い捨てを推奨

(※)業種及び取扱品目により必要な量、個数等は異なります。

自動車営業の許可申請に必要な書類

1.営業許可申請書(両面印刷してください)
2.営業施設の図面
3.自動車による食品営業設備の大要
4.申請手数料・・・飲食店営業16,000円、喫茶店営業9,600円、菓子製造業14,000円
           食肉販売業9,600円、魚介類販売業9,600円、乳類販売業9,600円
アイスクリーム類製造業14,000円、豆腐製造業14,000円
5.一次加工所の図面(許可証写しでも可)・・・一次加工する場合
6.車検証(写し)
7.登記事項証明書(原本)・・・法人の場合

提出様式は、こちらのページからダウンロードしていただけます。

その他の注意事項

1.下痢や吐き気などの胃腸炎症状や、発熱、手指に傷のある方は、食品の調理はひかえてください。
2.手洗いを徹底し、できる限り使い捨て手袋やマスクを着用しましょう。
3.原材料について聞かれた際に、アレルギー物質(卵、乳、小麦、落花生、えび、かに、そば等)の情報について、正確に伝えるようにしてください。
4.食品を取り扱う場所に、関係者以外の者を立ち入らせないようにしましょう。
5.調理と金銭の取扱いは別の人が担当するようにしましょう。
6.許可証を見やすいところに掲示してください。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 食品衛生課
電話:072-222-9925 ファックス:072-222-1406
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る