このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

アルコール

節度ある適度な飲酒で健やかな生活に!

節度ある適度な飲酒量とは

男性1日の「節度ある適度な飲酒」量は、純アルコールにして20g(2ドリンク)とされています。その理由は、男性は1日当たり純アルコール10~19g、女性は1日当たり9gまでで最も死亡率が低く、それ以上は増加するに従い死亡率が上昇すると統計で示されているからです。


引用:健康日本21(第二次)の推進の進捗状況について

純アルコールにして20g(2ドリンク)ってどれくらい?

女性の飲酒は控えめに!

女性の身体は男性よりもお酒に敏感です。これは女性ホルモンがアルコールの分解を抑制していることによると考えられています。女性の飲酒のリスクを知っておきましょう。

〇男性に比べ少量でアルコール性肝障害が起こる
〇多量飲酒は性周期をみだれやすくする
〇飲酒量が増えると乳がんのリスクが高くなる
〇男性の半分の期間、半分の量で依存症になる

おススメ情報

がんの予防

リンク

「新健康さかい21」トップへ

身体活動・運動

栄養・食生活

健康チェック

歯の健康

休養・こころ

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る