このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ピンクリボン(乳がん予防)啓発

部位別がん死亡数

 乳がんは、年々増加傾向にあり、国立がんセンターがん対策情報センターの報告では、2015年に13,584人の方が亡くなられています。

年齢による変化

乳がんは、女性のがん罹患全体の約20%を占めます。
年代別にみた女性のがん死亡者割合は、40歳代では乳がん、子宮がん、卵巣がんの死亡が多くを占めるが、高齢になるほどその割合は減少し、消化器系(胃、大腸、肝臓)と肺がんの割合が増加します。

乳がん検診受診率

乳がんは、他のがんに比べ早期発見が可能です。
しかし、堺市の乳がん検診受診率は16.20%(平成26年度)とまだまだ低い現状です。

堺市が実施している乳がん検診受診率
  平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度
受診率 19.3% 18.1% 17.3% 16.2%

 堺市では、乳がんの早期発見ため、「定期的な乳がん検診の受診」および「20歳になったら月1回の自己チェック」を広く市民の皆さんへ呼びかける啓発活動に力を入れています。

乳がんは、自分で発見できる唯一のがんです

取組み内容

1.ピンクリボンキャンペーン

 10月の乳がん月間に合わせ、乳がん予防啓発キャンペーンを実施します。

ピンクリボンの画像

(1)堺市役所における啓発

パネル展示

期間:平成29年10月26日(木曜)から29日(日曜)、午前9時から午後5時30分

乳がん相談会

期間:平成29年10月26日(木曜)午後1時30分から午後4時まで
場所:堺市役所 高層館1F 北側

2.ピンクリボンカード配布中

 乳がんの自己触診法を記した「ピンクリボンカード」を作成しました。

 市民の皆さんが、利用されるコンビニ、美容院、薬店など、さかい健康づくりパートナーの事業所などで、配布中です。

問い合わせ

健康医療推進課各保健センター

堺市健康づくりパートナー登録事業

3.乳がん自己チェックマグネットシートの配布

 自己触診法を記したマグネットシートを、各保健センター等で、乳幼児健診に来所された保護者を対象に配布し、月1回の自己チェックを啓発しています。
 マグネットになっているので、冷蔵庫などに貼っていただき、忘れずに月1回の実施を促しています。

4.乳がん検診

検診のご案内

 乳がんは早期発見により適切な治療が行われれば、良好な経過が期待できます。
 しこりなど自覚症状がある場合は速やかに受診することを勧めますが、無症状の場合でも、乳がん検診により乳がんが見つかることがあります。
 ぜひ、検診の対象年齢になったら定期的に検診を受けましょう。
 

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る