このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

予防接種の実施方法

更新日:2013年4月1日

実施方法

堺市では、BCGの予防接種を保健センターで集団接種として実施し、 DPT三種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風混合)、DT二種混合(ジフテリア・破傷風混合)、DPT-IPV四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ混合)、ポリオ(急性灰白髄炎)、麻しん(はしか)、風しん、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防の予防接種を、堺市医師会の協力により区域内の実施医療機関(病院・診療所)で個別接種として実施しています。

集団接種(保健センターでの受け方)

 保健センターで実施している予防接種はBCGです。

 BCGは毎月実施しています。実施日程は個人通知の際にお知らせしていますが、区広報紙でも毎月お知らせしています。

 接種当日は、予防接種手帳に添付している予診票に必要事項を記入し、接種会場に母子健康手帳をご持参ください。受付のあと、お子さんの体温を測定し医師の診察により接種できるかどうかの判定を行います。その結果、接種可能な場合は保護者の方に改めて接種を受けるかどうかの確認を行い、サインをいただいてから接種を行います。

 また当日、発熱等の理由で接種できなかった場合は、接種会場で新しい予診票をお渡ししますので、次回に指定された日時に再度記入のうえお越しください。

 個別接種(医療機関での受け方)

 予防接種を受けようとするときは「予防接種実施医療機関名簿」に掲載されている医療機関にあらかじめ申し込み、接種日時を確認してください。

 接種当日は予防接種手帳に添付している予診票に必要事項を記入し、接種会場に予防接種手帳と母子健康手帳をご持参ください。(診察した際、病気のかかりはじめということもありますので、念のため健康保険証を持参しておいてください)

 医療機関では、医療機関に置いてある「予防接種申込書」に必要事項を記入のうえ、お子さんの体温を測定し医師の診察により接種できるかどうかの判定を行います。その結果、接種可能な場合は保護者の方に改めて接種を受けるかどうかの確認を行い、サインをいただいてから接種を行います。

 また当日、発熱等の理由で接種できなかった場合は、接種会場で新しい予診票をお渡ししますので、次回に指定された日時に再度記入のうえ接種を受けてください。

接種料金

 個別・集団とも無料。ただし、「予防接種実施医療機関名簿」以外で受けられた場合は、実費扱いとなりますので注意してください。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933 ファックス:072-222-9876
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る