このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により定期の予防接種を受けることができなかった方へ

更新日:2014年7月15日

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと等により定期の予防接種を受けることができなかった方へ

平成25年1月30日付け予防接種法施行令の改正により、定期の予防接種の対象者であった間に、長期にわたり療養を必要とする疾病にかかっていた等の特別な事情により、やむを得ず定期の予防接種を受けることができなかったと認められる方は、その特別な事情がなくなった日から原則2年間、定期の予防接種として接種を受けることができるようになりました。

対象

1.次の(イ)から(ハ)までに掲げる疾病にかかったこと

 (イ)重症複合免疫不全症、無ガンマグロブリン血症、その他免疫の機能に支障を生じさせる重篤な疾病

 (ロ)白血病、再生不良性貧血、重症筋無力症、若年性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、潰瘍性大腸炎、
   ネフローゼ症候群、その他免疫の機能を抑制する治療を必要とする重篤な疾病

 (ハ)(イ)または(ロ)の疾病に準ずると認められるもの

 ※上記に該当する疾病の例については、下記の疾病一覧表をご覧ください。

2.臓器の移植を受けた後、免疫の機能を抑制する治療を受けたこと

3.医学的知見に基づき1または2に準ずると認められるもの

接種できる期間と年齢

予防接種を受けることのできなかった特別な事情がなくなった日から起算して2年を経過するまでの間

※ただし、BCGは4歳未満、ヒブワクチンは10歳未満、小児用肺炎球菌ワクチンは6歳未満、DPT-IPV四種混合は15歳未満までの年齢制限があります。

 
接種を希望される方へ
該当する疾病にかかっていたことや、やむを得ず接種を受けることができなかった理由等を記載した医師の診断書等の提出が必要となります。

接種を希望される方は、必ず、接種する前に感染症対策課にご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933 ファックス:072-222-9876
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る