このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

B型肝炎の予防接種について

更新日:2016年10月1日

平成28年10月1日より、B型肝炎ワクチンが定期接種化されます。

予防接種法施行令等の一部が改正され、平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが予防接種法に基づく定期接種に追加されることになりました。

B型肝炎について

B型肝炎ウイルス(HBV)が血液・体液を介して感染し、肝臓に炎症(肝炎)を起こす病気です。乳幼児期に感染すると多くの場合、感染したHBVが長期にわたって肝細胞内に生存する持続感染(キャリア)となり、一部の方は慢性肝炎を発症します。また、肝硬変から肝がん(肝細胞癌)へと進展する可能性があります。

対象者

生後1歳未満の者

※ ただし、平成28年4月1日以降に出生した者に限ります。
※ また、HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部又は一部を受けた者については、定期接種の対象者から除きます。

標準的な接種期間、接種回数及び接種間隔

標準的な接種期間

生後2月から生後9月未満の間

接種回数及び接種間隔

3回接種となります。
27日以上の間隔をおいて2回接種し、さらに1回目の接種から139日以上の間隔をおいて、3回目を接種します。

平成28年9月30日(定期接種化)以前の接種の取扱い

ア 定期接種の規定に相当する方法で、1回目または2回目の接種が済んでいる方については、定期接種に相当する回数の接種を受けたものとみなし、残りの回数を接種できるものとします。
イ 平成28年9月30日以前に、3回接種した方は、既に当該定期接種を3回受けたものとみなします。公費による接種はできません。

接種を受けるには?

予防接種を受けようとするときは医療機関にあらかじめ電話等で予約し、接種日時を確認してください。
接種当日は、母子健康手帳と健康保険証を持参してください。

なお、予診票は医療機関に配置しています。

 実施協力医療機関につきましては、こちらをご覧ください。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933 ファックス:072-222-9876
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る