このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

若年層の方へ ワクチン接種をぜひご検討ください

更新日:2021年11月1日

新型コロナワクチンは、新型コロナウイルス感染症による発症や重症化を予防する高い効果が期待されています。若年層の方も、ワクチン接種のメリットをご理解いただき、積極的に接種をご検討ください。

※ワクチン接種は強制ではありません。正しい情報に基づき、接種を受けるメリットとリスクを十分理解したうえで、ご自身で判断してください。

※12歳から15歳の方が接種を受ける場合、保護者の同意が必要です。また、原則として保護者が同伴する必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

ワクチン接種の主なメリット

あなた自身の命と健康を守るために

若い世代の方で、新型コロナウイルスで死亡や重症の報告は少なく、大半の方は軽症とされていますが、中には重症となった方や死亡した方などの例が報告されています。また、回復した後も嗅覚や味覚障害、疲労感、記憶障害などの症状に苦しむ場合があります。

身近にいる大切な人たちを守るために

ワクチンの接種を受けた場合、新型コロナウイルスに感染した場合でもウイルス量を低く抑える効果が知られています。自分自身が感染しにくくなるだけでなく、もし感染した場合でも、家族や友人、仲間や職場の同僚など、日ごろ接している身近で大切な人たちを守る効果が期待されます。

変異ウイルスが誕生する確率を少しでも減らすために

新型コロナウイルスの感染者が増えると、ウイルスの変異が起こるリスクは上がりますが、ワクチンの接種によって感染する人が減ると、変異ウイルスが誕生する確率を減らすことにつながります。

20代・30代対象の大阪府ワクチン接種促進キャンペーンについて

大阪府では、20代、30代の若い世代により多く接種いただけるよう、協賛企業の景品が抽選で当たるワクチン接種促進キャンペーンを実施しています。

対象

次の条件をすべて満たす方
・大阪府民(在住)の方
・令和4年3月31日時点で20歳から40歳の方(昭和56年4月2日から平成14年4月1日生まれの方)
・令和3年11月末までに新型コロナワクチンを2回接種(予定)の方
※キャンペーン開始時点で既に2回接種済みの方や、応募時点で未接種で令和3年11月末までに2回接種予定の方も対象となります。

応募方法や景品など

大阪府ホームページ(外部リンク)をご確認ください。

接種後の副反応

新型コロナワクチンを接種した後に、注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱などの症状がみられることがあります(副反応)。これらの症状は、高齢者より若年者の方が、発生する頻度が少し高いことが報告されています。ただ、ほどんどの場合、これらの症状は2~3日以内に回復しています。

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

 厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会の審議で、10代及び20代の男性については、ファイザー社ワクチンに比べて武田/モデルナ社のワクチンの接種後に生じる心筋炎・心膜炎の発生頻度が高いことから、2回目接種の際等にファイザー社のワクチンの接種も選択することができるとの見解が示されました。
 武田/モデルナ社製ワクチンを予約している10代・20代の男性で、ファイザー社製ワクチンでの接種を希望される方は、予約の振り替えを受け付けます。
 厚生労働省の案内資料や予約の振り替え方法など、詳しくはこちらをご覧ください。

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省ホームページより)

主に若年層の方が不安に感じる疑問と答えについてご紹介します。その他のQ&Aについては、こちらをご覧ください。

Q mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンはワクチンとして遺伝情報を人体に投与するということで、将来の身体への異変や将来持つ予定の子どもへの影響を懸念しています。

A mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンで注射するmRNAは短期間で分解されていきます。人の遺伝情報(DNA)に組みこまれるものではありません。

Q ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか。

A ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。

Q 私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。

A 妊娠中、授乳中、妊娠を計画中の方も、ワクチンを接種することができます。mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンが妊娠、胎児、母乳、生殖器に悪影響を及ぼすという報告はありません。
妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、特に妊娠後期は、重症化しやすいとされています。特に人口当たりの感染者が多い地域の方、感染リスクが高い医療従事者、糖尿病、高血圧など基礎疾患を合併している方は、ぜひ接種を検討ください。

ワクチン接種が受けられる場所

接種会場

対象者

使用ワクチン

予約方法等

堺市集団接種会場
(北区役所)

12歳以上の方

武田/モデルナ

詳しくはこちら

堺市集団接種会場
(北区役所を除く)

ファイザー

ワクチン接種に関する理解を深めていただくために

ワクチン接種を検討していただく際の、疑問や不安の解消にお役立てください。

ワクチン接種に関する情報(厚生労働省ホームページ)

ワクチン接種に関する動画

ワクチン接種の啓発動画(新型コロナウイルス感染症対策プロジェクト)

堺市立総合医療センターと関西大学堺キャンパスが共同で実施する「新型コロナウイルス感染症対策プロジェクト」の一環として制作した啓発動画。学生のワクチン接種に対する不安や疑問に、医師がわかりやすくお答えしています。

新型コロナワクチン接種に関する啓発動画(外部リンク)

首相官邸ホームページの動画

サッカー元日本代表の内田篤人さん出演「ワクチン接種で守る篇」CMや、YouTuberはるあんさんと小児科医・池田早希先生の対談「正確な情報がだいじ!」などが掲載されています。

首相官邸ホームページ(外部リンク)

政府インターネットテレビ

さまざまなYouTuberの方が制作した、新型コロナワクチン接種の体験談や接種に対する思いに関する動画が公開されています。

政府インターネットテレビホームページ(外部リンク)

このページの作成担当

堺市新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0570-048-567

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ワクチン接種に関するお知らせ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る