このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

新型コロナワクチンの間違い接種(3回接種)について

更新日:2021年10月15日

本市が現在実施している新型コロナワクチン接種において、市内の職域接種会場と医療機関で2種類のワクチンの接種を計3回受けた方がいることが判明しました。被接種者の健康状況については、とくに症状はなく、体調に変化はありません。

今後、医療機関において、予診時に接種の有無と接種回数、接種券の確認を確実に行うよう注意喚起し、再発防止を徹底します。

被接種者

市内在住の40代男性1人

経過概要

日付概要

7月10日

市内の職域接種会場で1回目接種(モデルナ社製ワクチン)

9月2日

被接種者本人から市コールセンターに電話で接種券紛失の連絡

9月6日

市事務処理センターから再発行分の接種券(※)を送付
※再発行時、システム上、接種券は1回目・2回目ともに印刷されるが、1回目接種を終えている場合は、1回目接種券にはバーコードや氏名は印字されない。

9月21日

市内の医療機関で1回目の接種としてファイザー社製ワクチンを接種(通算2回目)

10月12日

同医療機関で2回目の接種としてファイザー社製ワクチンを接種(通算3回目)

10月14日

市事務処理センターにおいて、9月21日分の予診票の事務処理を行っている際に、接種券にバーコードや氏名がないことから、医療機関に確認。その報告を受け、職員が被接種者の接種記録をVRSで確認したところ、7月に1回目接種が記録されていたため、医療機関に再度問い合わせて上記の経過が判明。


原因

  • 被接種者は、医療機関では1回目の接種であることから、被接種者が予診票に1回目接種と記載し、医師問診でも1回目である旨の回答をしていたため。
  • バーコードや氏名が印字されていない1回目の接種券を被接種者が使用したため

再発防止策

  • 1回目の接種済者に接種券を再発行する場合、2回目接種券のみを送付するよう徹底。
  • 医療機関において、予診時に接種の有無と接種回数、接種券の確認を確実に行うよう注意喚起。

このページの作成担当

堺市新型コロナワクチン接種コールセンター
電話:0570-048-567

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ワクチン接種に関するお知らせ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る