このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

「大阪モデル」モニタリング指標と信号の点灯・消灯基準

更新日:2020年10月9日

現在の大阪府新型コロナ警戒信号:黄色

信号画像

大阪府では、現在、大阪府独自のモニタリング指標を設定し、大阪府ホームページなどで「新型コロナウイルス警戒信号」として、モニタリング状況を見える化しています。

感染拡大防止に向けた大阪府(大阪モデル)の取組み

感染拡大防止と社会経済活動の両立のため、外出・イベントの開催・施設の使用・学校等において、感染拡大防止に向けた取組みへのご協力をお願いします。
詳しくは大阪府のホームページをご覧ください。

モニタリング指標と基準の考え方

詳しくは、府独自の基準に基づく自粛要請・解除及び対策の基本的な考え方『大阪モデル』のページをご覧ください。

分析事項 モニタリング指標 府民に対する
警戒(黄色)の基準
府民に対する
非常事態(赤色)の基準
府民に対する
警戒・非常事態解除(緑色)の基準
市中(大阪府内)での
感染拡大状況
(1)新規陽性者における感染経路不明者7日間移動平均前週増加比 (1)2以上
かつ
(2)10人以上
- (2)10人未満
(2)新規陽性者における感染経路不明者数7日間移動平均
【参考】新規陽性患者における感染経路不明者の割合 - - -
新規陽性者患者の拡大状況 (3)7日間合計新規陽性者数 120人以上
かつ
後半3日間で半数以上
- -
(4)直近1週間の人口10万人
あたり新規陽性者数
- - 0.5人未満
【参考】確定診断検査における陽性率の7日間移動平均      
病床のひっ迫状況 (5)患者受入重症病床使用率 - 70%以上
(「警戒(黄色)」信号が点灯した日から起算して25日以内)
60%未満
【参考】患者受入軽症中等症病床使用率 - - -
【参考】患者受入宿泊療養施設部屋数使用率 - - -

信号の点灯・消灯基準

それぞれのモニタリング指標を全て満たした場合

警戒の基準:黄色 非常事態の基準:赤色
警戒・非常事態解除の基準:緑色(ただし、一定期間経過後消灯)

イエローステージ(警戒)の対応について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【府民の皆様へのお願い】感染拡大防止に向けた取組み(外出・イベントの開催・施設の使用・学校等について)(大阪府ホームページ)

区域

大阪府全域

期間

イエローステージ1の期間(令和2年10月10日から11月15日。ただし、感染拡大の状況に応じて判断)

実施内容

〇府民への呼びかけ

・3密で唾液が飛び交う環境を避けること

・高齢者の方、高齢者と日常的に接する家族、高齢者施設・医療機関等の職員は、感染リスクの高い環境を避け、少しでも症状がある場合、早めに検査を受診すること

・業種別ガイドラインを遵守(感染防止宣言ステッカーの導入)していない、接待を伴う飲食店及び酒類の提供を行う飲食店の利用を自粛すること

〇経済界、大学等へのお願い

・従業員や学生などへの注意喚起など、適切な感染防止対策を講じること

〇イベントの開催について

・主催者に対し、業種別ガイドラインの遵守を徹底するとともに、国の接触確認アプリ「COCOA」、大阪コロナ追跡システムの導入、又は名簿作成などの追跡対策の徹底を要請

・業種別ガイドラインの見直しを前提に、必要な感染防止策が担保される場合は、別表のとおり緩和

・全国的な移動を伴うイベント又は参加者が1,000人を超えるようなイベントを開催する際には、そのイベントの開催要件等について、大阪府に事前に相談すること

・全国的な感染拡大やイベントでのクラスターが発生し、国が業種別ガイドラインの見直しや収容率要件・人数上限の見直しを行った場合には、国に準じて対応

・適切な感染防止策が実施されていないイベントや、リスクへの対応が整っていないイベントは、開催自粛を要請することも検討

〇施設について

施設(事業者)に対し、次の内容を要請。

・高齢者施設、医療機関等は、職員、施設と関わりのある業務の従業員、入所者・入院患者、外部から訪問される方に対し、徹底した感染防止対策を求めること

・高齢者施設、医療機関等の職員に少しでも症状がある場合は、検査受診を勧めること

・業種別ガイドラインを遵守 (感染防止宣言ステッカーの導入)すること

・国の接触確認アプリ「COCOA」、大阪コロナ追跡システムの導入、又は名簿作成など追跡対策をとること

・バー、クラブ、キャバクラ、ホストクラブ等、夜の街関連施設の従業員に少しでも症状がある場合は、検査受診を勧めること
※ミナミの臨時検査場における検査の継続実施

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

危機管理室 危機管理課
電話:072-228-7605 ファックス:072-222-7339
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

新型コロナウイルス関連特設ページ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る