このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

2019年 第10週(平成31年3月4日から平成31年3月10日):堺市

更新日:2019年3月14日

報告定点数  小児科定点(19)  インフルエンザ定点(29)  眼科定点(5)  基幹定点(2)

今週のトピックス

「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 増加」

 2019年第10週の小児科及び眼科定点把握感染症は前週比5.2%増の202例の報告があった。報告の第1位はA群溶血性レンサ球菌咽頭炎で以下、感染性胃腸炎、RSウイルス感染症の順である。上位3疾患の定点当たりの報告数はそれぞれ4.42、4.05、1.16であった。
 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(警報レベル開始基準値:8、注意報レベル基準値なし)は45%増の84例の報告で、北・東・美原区6.67、堺区4.67、南区4.00であった。堺市内では定点当たり報告数が高値になっており、今後の発生動向に注意を要する。予防として、患者と濃厚接触を避けることが最重要で、加えて、うがい、手洗いなどの一般的な予防法も有効である。
 感染性胃腸炎(警報レベル開始基準値:20、注意報レベル基準値なし)は21%減の77例の報告で、中区5.50、北・東・美原区/堺区5.33、南区2.50である。
 RSウイルス感染症(警報レベル開始基準値、注意報レベル基準値ともになし)は22%増の22例の報告で、中区3.00、北・東・美原区1.67、南区0.75であった。
 インフルエンザ(警報レベル開始基準値:30、警報レベル終息基準値:10 )は43%減の83例(定点当たり報告数2.86)で、北・東・美原区4.20、中区/南区3.00、西区1.71であった。大阪府内でも30%減で、定点当たり報告数が3.18となった。減少が続いているが、依然として流行は継続しており、感染予防のため、手洗い、マスク着用、咳(せき)エチケットなど、一人一人が「かからない」、「うつさない」対策が重要である。

今週のトピックス

感染症発生情報 1類・2類・3類・4類・5類・指定(全数把握分、堺市)はこちらへ

2019年 大阪府内の感染症発生状況はこちらへ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大阪府感染症情報センターはこちらへ(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。国立感染症研究所 感染症疫学センターはこちらへ(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。感染症の話(国立感染症研究所)

区ごとの「患者発生数」・「上位3疾患グラフ」「定点あたりの患者発生状況グラフ」

患者発生数

2019年 第10週(平成31年3月4日から平成31年3月10日)
定点
科別
疾患別 北・東・美原区 堺区 西区 中区 南区 合計
小児科
内科
インフルエンザ 42 5 12 9 15 83
小児科 RSウイルス感染症 10 2 1 6 3 22
  咽頭結膜熱 2 1 3 1 2 9
  A群溶血性レンサ球菌
咽頭炎
40 14 8 6 16 84
  感染性胃腸炎 32 16 8 11 10 77
  水痘 0 0 1 0 0 1
  手足口病 0 0 0 0 0 0
  伝染性紅斑 0 1 2 0 1 4
  突発性発しん 0 0 0 0 0 0
  ヘルパンギーナ 0 1 0 0 0 1
  流行性耳下腺炎 1 1 0 1 0 3
眼科 急性出血性結膜炎 1 0 0 0 0 1
  流行性角結膜炎 0 0 0 0 0 0
合計 86 36 23 25 32 202

※合計はインフルエンザを除く小児科・眼科を加算した数値です。

「上位3疾患グラフ」 

(グラフの数字は、定点あたりの患者数(患者数/協力医療機関数))

上位3疾患グラフ

定点あたりの患者発生状況グラフ

区役所別の患者発生状況グラフ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 衛生研究所
電話:072-238-1848 ファックス:072-227-9991
〒590-0953 堺市堺区甲斐町東3丁2-8

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る