このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

エイズとは

更新日:2017年8月23日

原因

 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)によって引き起こされる病気です。感染後、ウイルスは白血球(リンパ球)の中で増殖を続けるので、一度感染すると、いわゆるウイルス保有者となります。

 ウイルス保有者の全員がエイズ患者となるとは限りません。しかしHIVは免疫機能を破壊するので、多くの場合は種々の重篤な症状が現れてきます。

症状

 ウイルスの感染後1週間程度で、発熱、倦怠感、咽頭痛、頭痛、リンパ節の腫脹、皮膚の紅斑などの初期症状が出る場合がありますが、すぐに症状が消えるので見逃されてしまうことが多いです。

 また、直ちに重い症状が出ることはありませんが、感染してから5から10年位を経て免疫力が低下してくると、日和見感染症(通常はかかっても発病しない、細菌・ウイルス・原虫・カビなどの微生物に侵されることによって発症する感染症のこと)による症状(持続する下痢・発熱。体重減少、リンパ節の腫脹など)が現れてきます。日和見感染症を発症してからの状態をエイズと呼びます。

感染経路

 主として、ウイルス保有者との性的な接触により感染します。(血液・精液・膣分泌物にウイルスが含まれています。)

治療・予後

 世界各国で新薬の研究・開発が進められており、感染からエイズ発病までの期間を延長することが可能となってきました、しかし、病気を完治させる薬剤は開発されておらず、エイズを発病した後の死亡率は高いのが現状です。

検査

 HIVに感染してから3か月経過すれば、血液検査で感染の有無を検査することができます。感染が心配な場合は検査を受けるようにしましょう。

 相談や検査については、こちらへ(エイズ・HIVに関する相談及び抗体検査)。

一般的予防法

 HIVの感染力は比較的に弱く、熱や消毒で容易に死滅します。また、通常の社会生活では感染の心配はありません。一緒に話をしたり、食事や入浴、握手やキス程度では感染しません。蚊や猫などの動物による媒介もありません。

 HIVの感染経路は梅毒・淋病などの性行為感染症と類似しています。HIV感染症・エイズに対する正しい知識を持つことによって感染を予防することができます。

性的接触の際には、次のことに注意しましょう。

性的接触の相手を限定するようにしましょう。

 不特定多数のパートナーとの性的接触は、感染の機会を増やします。

正しくコンドームを使用するようにしましょう。

 性的接触の際には、最初から最後まで精液・膣分泌液・血液に直接粘膜が接触しないように、正しくコンドームを使用することが大切です。

日常生活においては、次のことに注意しましょう。

 カミソリ・歯ブラシやタオルなどの日用品は、各自専用にするようにしましょう。また、血液は病気を起こす細菌やウイルスを含んでいることもありますので、十分注意して衛生的に取り扱うようにしましょう。血液の付着したものは、石鹸と流水を用いて十分に洗浄しましょう。

次のことでは、感染の心配はありません。

  • 握手
  • プール、風呂、シャワー
  • 公衆トイレ
  • 食べ物、分け合い、まわし飲み
  • せき、くしゃみ
  • 蚊などによる虫さされ
  • 涙、汗
  • 軽いキス
  • 同居、一緒に働くこと

人権プライバシー保護について

 エイズは特別な病気ではありません。必要以上に恐れたり、特別視したりするなど、この病気に誤解や偏見を持つことなく、正しい知識を持って人権とプライバシー保護に努めましょう。

エイズ患者・HIV感染症の発生状況

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大阪府エイズ・HIV情報ホームページ(大阪府ウェブサイト)

 堺市では、HIVの感染予防やエイズに関する正しい知識の普及・啓発活動の推進、相談窓口の設置、また、確定診断のためのHIV抗体検査の実施などの対策を行っています。詳しくは保健センターまで。

陽性者支援について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。HIVサポート/CHARM ホームページ(外部リンク)

 HIVサポートライン関西は、HIV陽性者と分かった人やパートナー・ご家族のための「電話相談」や、HIV陽性と分かって間もない人のための少人数制グループミーティング「ひよっこクラブ」を実施し、陽性者の方の支援を行っています。

HIV陽性者支援用パンフレット「たんぽぽ」

 HIV陽性とわかった方が、必要な情報を掲載しています。HIV陽性者の方はもちろん、陽性者を支援する医療機関・NPO等の団体の方も参考にご活用いただけます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「たんぽぽ」パンフレット(PDF:10.2MB)(大阪府ウェブサイト)

その他の情報サイト(外部リンク)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。おおさかエイズ情報NOW(若者のための情報サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。MASH おおさか

大阪地区のゲイやバイセクシュアル男性(MSM=Men who have sex with men)に対し、HIV/STI感染の予防を促し、 セクシュアル・ヘルス(性的健康)を増進させることを目的として活動しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Web版エイズサポートライン(JFAP AIDS Support Line on Web )

日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語、タイ語、中国語、韓国・朝鮮語・タガログ語に対応しています。(Japanese,English,Spanish,Portuguese,Thai,Chinese,Korean,Tagalog)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。性の健康財団(性感染症情報ネット)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。HIV検査・相談マップ(全国の検査所情報)

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 感染症対策課
電話:072-222-9933 ファックス:072-222-9876
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る