このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

ひきこもりのご家族へ

更新日:2017年6月12日

ひきこもりについて知ろうとしているご家族へ

 このページを読んで下さっているのが、ひきこもり状態にある人のご家族なのであれば、ひきこもりについて学ぼうとしているわけですから、あなたはすでにご本人にとってよいことをしていると言えます。これから、ご家族としてできることから始めて、できる範囲で続けていただきたいと思います。
 ひきこもりについて学ぼうとしたり、相談機関を利用してみようというのは大きな変化です。普段の生活から変化を伴う行動をするのは、ご家族にとって、とても勇気の要ることです。
 勇気の要ることにチャレンジするとき、誰しも不安な気持ちを抱きます。たとえば、相談機関等を利用したらどんなことを言われるのか、せっかく相談しても解決しないのではないか、など焦って迷いが生じたり不安になったりするのは自然なことです。そうした心の揺れや不安な気持ちを話すのは、ときに恥ずかしさを伴うかもしれません。
 相談機関を初めて利用するとき、そうした戸惑いの気持ちを抱いたままの人がほとんどです。その気持ちも含めて、相談の担当者に話してみることをぜひお願いしたいと思います。なぜならそれがひきこもり状態のご本人ができなくなってしまっていることであり、ご家族のお手本を必要としていることだからです。

ひきこもりについて相談してみる

 ひきこもりの相談の多くの場合は、ご家族だけの相談から始まります。たとえば、これまでこころの健康センターに寄せられた相談のうち、およそ70~80パーセントがご家族の相談から始まりました。
 ご本人が相談しにくい状況では、まずはご家族だけで相談することが、変化の第一歩になります。ご家族が、ひきこもりについて第三者に話すこと自体が、ご本人によい影響を与えることがあるからです。

ひきこもりについて相談してみる

ひきこもり相談電話

ひきこもりについてもっと知りたい

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 こころの健康センター
電話:072-245-9192 ファックス:072-241-0005
〒590-0808 堺市堺区旭ケ丘中町4丁3-1 健康福祉プラザ3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る