このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

第11回 第16回 堺市精神保健福祉セミナー

更新日:2010年2月15日

※内容は平成22年2月発行時のものであり、現在では変更されている場合があります。

 平成21年11月21日(土曜)アリオ鳳グリーンコートにて、第16回堺市精神保健福祉セミナーが開催されました。

 堺市精神保健福祉セミナーは、市民に精神保健福祉に関する正しい知識の普及啓発、こころの健康の向上をはかるため、これまで映画上映・講演会・シンポジウム・コンサート・パネル展示・バザーなど、様々な形で行われてきました。このセミナーの企画・運営は、平成17年度から精神障害者に関わる医療機関、関係機関、団体などで構成された実行委員会によって行われています。

 今回は『同じ空の下(もと)に…』というタイトルで、『障害の種類や有無に関係なく、みんな同じなんだ』というテーマで開催されました。また、セミナー初の試みとして、ショッピングセンターの一角が会場になりました。舞台の前には数々の店が並び、買い物に来た人々でにぎわう場所です。『もっとたくさんの人たちに精神障害について知ってほしい』という実行委員の思いから、実現したそうです。

 当日は午後から、同じ内容で2回の公演が行われました。舞台の前に準備したイスは埋まり、周りにも人が集まって、こころのおはなしや歌に耳を傾けていました。セミナーを知ってやってきた人のほかにも、ベビーカーを押した親子連れや買い物袋を提げた人たちも、たくさん足を止めていました。出演者やスタッフも、客席といっしょになって、イベントを楽しんでいる様子でした。

 笑ったり、歌ったり、楽しんで、障害とは何か、考えるきっかけを与えられたり、みんなが同じであることを感じられたりするイベントでした。

パペット(腹話術)によるこころのおはなし

 障害を持つ方が主催するイベントと聞いて、ななちゃんが応援に駆けつけてくれました。ななちゃんは車いすを使って生活しています。そこでパペットのこんちゃんは、舞台に座っているおにいさんに尋ねました。

 「おにいさんはどこが障害なん?」精神障害は周りからは理解されにくい障害です。パペットとコミカルなやりとりをしながら、こころのしんどさや生活している様子などを話してくれました。目に見えない障害が、より身近に感じられる、おはなしでした。

歌のおにいさんとおねえさんのコンサート

 「みんないっしょなんだよ」というメッセージがこもった歌を、身振り手振りを交えて。会場もいっしょになって盛り上がりました。

第16回堺市精神保健福祉セミナー 実行委員長 梅田正信さんから

 平成21年11月21日(土曜)に開催した、第16回堺市精神保健福祉セミナーは、アリオ鳳での、盛大な催し物になりました。パペット(腹話術)、歌のおにいさん、おねえさん、当事者の出演で行われ、来場の方から『聞いて良かった』『これからも開催してほしい』との声がありました。
 これからも堺市精神保健福祉セミナーをよろしくお願いします。

 いつかまたどこかで、精神保健福祉セミナーに出会ったら、あなたもいっしょに、こころの健康や精神保健福祉に関する知識について考えてみてください。

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 こころの健康センター
電話:072-245-9192 ファックス:072-241-0005
〒590-0808 堺市堺区旭ケ丘中町4丁3-1 健康福祉プラザ3階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る