このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

熱中症にご注意ください

更新日:2017年5月23日

熱中症とは

 熱中症は高温多湿下での運動や労働によって起こるだけでなく、日常生活でも発症することがあります。発汗機構や循環系に異常をきたして起こる病気で、体温上昇、発汗停止とともに、めまいや立ちくらみ・虚脱・痙攣(けいれん)などが起こり、重症になると意識障害・多臓器不全・昏睡(こんすい)などを起こし、生命の危険を伴うこともあります。気温がそれほど高くない日でも、湿度が高い、風が弱い日や、暑さに慣れていないときは注意が必要です。

熱中症の予防対策について

水分・塩分補給

 熱中症にならないためには、水分を早めに補給し、汗で失われた塩分も一緒に取るようにしましょう。

熱中症になりにくい室内・車内環境

 室内や車内でも、日差しの強い日は風通しがよくなるよう換気に気をつけましょう。また、扇風機やエアコンを使い、室内等の温度管理を心がけましょう。

外出時の準備

 炎天下に外出するときは、帽子をかぶり、風通しの良い軽い素材の衣類を選びましょう。また、気分が悪くなったときは、涼しい場所で休憩をとりましょう。

熱中症が起こったときには

水分・塩分補給

 熱中症の症状(めまい・頭痛・吐き気など)があらわれたら、すぐに水分補給をすると同時に、汗で失われた塩分も一緒に取るようにしましょう。

涼しい場所での休息

 涼しい場所に避難し、衣服を緩めて横になり休息をとりましょう。

身体を冷やす

 水をかけたり濡れタオルを利用するなど体を冷やしましょう。脇の下、首筋、ももの付け根など動脈の近いところを冷やすと体温を一気に下げられます。 また、霧吹きで体の表面を濡らし、水分の蒸散するときの気化熱で体温を効果的に下げられます。

関連サイト

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症予防声かけプロジェクト(熱中症予防声かけプロジェクト実行委員会ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症関連情報(厚生労働省ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症から身を守るために(気象庁ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。職場における労働衛生対策 [熱中症予防対策](厚生労働省ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省熱中症予防情報サイト(環境省ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症の応急手当(日本赤十字社ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。健康のため水を飲もう推進運動(厚生労働省ウェブサイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。熱中症を防ごう(公益財団法人 日本体育協会ウェブサイト)

国からの通知

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 健康部 保健所 保健医療課
電話:072-228-7582 ファックス:072-222-1406
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館6階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る