このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

堺市障害者グループホーム整備促進事業補助金のご案内

更新日:2016年9月8日

1. 補助基準額

1共同生活住居 
備品費 50万円以内(補助率:10/10)
住宅賃借費 50万円以内(補助率:10/10)
改修工事費 200万円以内(補助率:100万円を上回る額の3/4)

2. 補助対象

堺市内で新規開設する障害者グループホーム(共同生活住居)について、備品購入や住居賃借、既存住宅の改修工事にかかる費用を補助します。同一住居について備品費と賃借費、改修工事費を同時に申請することも可能です。この場合、各補助金は合算できません。

  • 補助対象とならない住居: 既存グループホームの単なる移転による新規開設

3. 対象物品(備品):グループホーム開設にあたり必要な初度設備

例)冷蔵庫、洗濯機、食器棚、食卓テーブル、椅子、照明器具、ガスコンロ、レンジ台、電話機、FAX、パソコン、プリンター、掃除機、炊飯器、電子レンジ、テレビ、ビデオデッキ、エアコン、防炎カーテン、防炎じゅうたん、カーペット、自動火災報知設備等

(補助対象とならない設備)

  • 景観を飾るための備品(観葉植物、美術品等)
  • 文房具、コピー用紙等消耗品と判断される物品
  • 車両
  • 利用者が各居室で個人的に使用する物品(ただし、居室のエアコンや防炎カーテン、防炎じゅうたん等、あらかじめ法人が開設前に標準設備として準備するものについては対象とします)

4. 対象費用(賃借):グループホームを賃借物件で開設するにあたり必要な初期費用

  • 礼金、契約一時金、保証金、不動産仲介業者手数料、火災保険料(初回分に限る)、家賃保証サービス費用(初回分に限る)等
  • 入居者の転居に要する経費(入居者が現に負担するものは除く)

(補助対象とならない費用)

  • 解約時に返金されるもの

5.対象費用(改修工事):既存住宅でグループホームを開設するにあたり必要な改修工事費用

例)リフト設備設置、トイレ、風呂、洗面所、台所、階段・廊下等の改修、階段・廊下の手すりの設置、間仕切壁の防火措置等に係る改修工事に要する経費の総額のうち、100万円を超える額の3/4(ただし、補助上限額150万円まで)の費用
※障害者グループホームとして使用するにあたり必要な改修と認められる工事

6. その他

  • 本補助金の申請にあたっては、開設前に、時間的余裕をもってご相談ください。
  • 予算に限りがありますので、早めにご相談いただいたものから順に交付決定します。
  • 大阪府の開設準備補助等、他の類似の補助金を申請される場合は、本補助金は申請できません。
  • グループホーム開設日(または3月末日のいずれか早い方)までに完納・完了できるものでお願いします。
  • 補助金支出にあたり、現地調査をすることがあります。

このページの作成担当

健康福祉局 障害福祉部 障害者支援課
電話:072-228-7510 ファックス:072-228-8918
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館7階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

障害福祉のお知らせ

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る