このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

大阪府代替職員確保による実務者研修支援事業について

更新日:2018年10月12日

大阪府では、平成29年度より施設職員の資質向上及び職場定着のため、大阪府代替職員確保による実務者研修支援事業を実施しています。

事業概要

大阪府内の介護保険施設に勤務する介護職員が、実務者研修を受講するにあたり、代替職員を確保する施設に対して、代替職員の雇用経費の一部を補助します。
   ※「実務者研修」とは、社会福祉士及び介護福祉士法第40条第2項第5号に基づく研修です。

事業内容の詳細

1.大阪府内の介護保険施設に勤務する介護職員
(対象事業所)   大阪府内の「指定介護老人福祉施設」「介護老人保健施設」「指定介護療養型医療施設」
(研修受講職員) 介護職員であれば、常勤・非常勤を問いません。

2.実務者研修の受講
(対象受講期間) 平成29年4月以降に受講を開始し、平成30年4月1日から平成31年3月31日までに終了する場合のみ対象となります。
(補助対象期間) 通学期間(通信課程での受講の場合は、面接授業(スクーリング)の期間)のみ対象とします。
※本事業は、勤務を離れて研修を受講する職員に対して代替職員を確保することにより、「職員が研修を受講しやすい環境整備を行うこと」を目的としているため、「通学による受講期間」のみを補助対象としています。(勤務施設内で実施される面接授業(スクーリング)も対象です。)

3.代替職員の確保
(職種)    介護職員に限ります。
(雇用形態)  常勤・非常勤・派遣を問いません。
       ※常勤・・・研修受講開始日の属する月の前月から、研修を修了するまでの間に雇用を開始した職員。
       ※非常勤・派遣・・・既に雇用・契約している職員により代替する場合も対象
(対象職員数) 研修受講職員1人に対して原則、1月あたり1人とします。

4.補助申請要件・補助金額
(申請要件) 実務者研修を受講する介護職員に対して、代替職員が確保され、実務者研修を通学により受講する月に現に代替職員が勤務していることが要件となります。
(補助金額) 代替職員一人あたり、月額35,000円(上限)
 ただし、上限額と実績額のいずれか低い方の金額。(※6月を上限とする。)
(申請期限) 平成31年2月28日(消印有効)

5.お問い合わせ先
大阪府福祉部福祉人材・法人指導課人材確保グループ
(電話:06-6944-8950)

事業の詳細については、大阪府福祉部福祉人材・法人指導課人材確保グループのホームページをご覧ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/houjin/kaigo_jinzaikakuho/jitsumusha-daitai.html

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページの作成担当

健康福祉局 長寿社会部 介護事業者課
電話:072-228-7348 ファックス:072-228-7481
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

介護事業

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る