このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

通所介護・通所リハビリテーションの事業所規模は毎年見直しが必要です

更新日:2016年3月7日

 通所介護・通所リハビリテーション(それぞれ介護予防を含む)事業所は、毎年度、4月から2月までの実績により、翌年度4月以降の事業所規模を見直し、規模が変更となる場合は変更届を提出する必要があります。算定区分確認表を使用して、忘れないように見直しを行ってください。

 また、前年度から定員を25%以上変更する事業所の場合も事業所規模の計算・見直しが必要となります。
 計算方法については、詳しくは算定区分確認表を参照してください。

※ 地域密着型通所介護へ移行される通所介護事業所(定員数が18人以下の事業所)については、平均利用延人員数に関わらず「地域密着型通所介護費」の算定区分のみとなりますので、計算等は不要です。
 (但し、必ず日々の定員数は遵守しておいてください。)

※ 定員が19人以上の通所介護事業所は、平成28年度から「小規模型通所介護費」がなくなりますので、平均利用延人員数が300人以下の場合でも、算定区分は「通常規模型通所介護費」となります。

算定区分確認表

様式集の介護給付費算定に係る体制等状況一覧表関係から通所介護は「別紙31-1」、 通所リハビリテーションは「別紙31-2」の各「算定区分確認表」を使用してください。

このページの作成担当

健康福祉局 長寿社会部 介護事業者課
電話:072-228-7348 ファックス:072-228-7481
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所本館8階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

居宅サービス事業・介護予防サービス事業・居宅介護支援事業関係

情報が見つからないときは

世界文化遺産を大阪に 百舌鳥・古市古墳群

サブナビゲーションここまで


以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る