このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

月見祭 ふとん太鼓

更新日:2012年12月19日

月見祭 ふとん太鼓の写真

豊作祈願と満月を祝う熱気あふれる秋祭り

百舌鳥八幡宮の秋祭りは、旧暦8月15日の中秋の名月にかけて行われるため月見祭と呼ばれています。農作の祈願と満月を祝う風習とが合わさって神社の祭りになったものといわれ、記録によると300年以上の伝統があります。
ふとん太鼓は、太鼓を仕込んだ台の上に朱色の座布団を5段重ねにした造りで、高さ約4メートル、重さ約3トンもあり、約70人で担ぎ、「ベーラベーラベラショッショイ」という独特のかけ声と太鼓の音に合わせまちを練り歩いた後、神社に奉納されます。2日間で延べ15万人がその勇壮な姿を見に訪れます。

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る