このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
堺市
  • 音声読み上げ・文字拡大・ふりがな
  • サイトマップ
  • くらしの情報
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 観光・歴史・文化
  • 産業・ビジネス
  • 市政情報


本文ここから

百舌鳥古墳群の主な古墳

更新日:2012年12月19日

大きさ世界級 仁徳天皇陵古墳

百舌鳥耳原中陵(もずのみみはらのなかのみささぎ)、大仙陵古墳、大山古墳とも呼ばれています。地元では「仁徳さん」「御陵さん」と親しみを込めて呼ばれています。墳丘の長さが、486mと世界最大の前方後円墳です。くびれ部には造出しがあり、三重の濠が巡っています。5世紀中頃に造られた古墳で、周りには陪塚とされる古墳が10基以上もあります。明治時代には石棺や甲冑などが発見され、その時描かれた絵図が伝わります。昔は、桜の名所として人々に親しまれていました。

百舌鳥の旗手 履中天皇陵古墳

百舌鳥耳原南陵(もずのみみはらのみなみのみささぎ)、ミサンザイ古墳とも呼ばれています。墳丘の長さが365メートルの前方後円墳で、日本では3番目の大きさです。周りには陪塚とされる10基前後の古墳があったようです。5世紀前半頃の築造とされています。

北端に雄姿をみせる 反正天皇陵古墳

百舌鳥古墳群の北端にあり、百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)、田出井山古墳とも呼ばれています。墳丘の長さが148メートルの前方後円墳で、周りには陪塚とされる古墳が2基あります。5世紀中頃の築造とされています。

文化財保護のシンボル いたすけ古墳

墳丘の長さが146メートルの前方後円墳で、周りには陪塚とされる古墳が数基ありました。5世紀前半頃に造られたとされています。昭和30年頃には破壊の危機にさらされましたが、市民を中心とした保存運動によって破壊をまぬがれました。この古墳から出土した冑の埴輪は、堺市の文化財保護のシンボルになっています。

古墳群の後尾を飾る ニサンザイ古墳

墳丘の長さが300メートルで、ニサンザイとは陵(みささぎ)が語源と考えられています。日本では7番目の大きさです。前方部が大きく広がったその姿は、百舌鳥古墳群の中でも最も精美で、周りには陪塚とされる古墳がありました。大型の前方後円墳としては、百舌鳥古墳群では最も新しい5世紀後半頃に造られたとされています。

このページの作成担当

文化観光局 世界文化遺産推進室
電話:072-228-7014 ファックス:072-228-7251
〒590-0078 堺市堺区南瓦町3番1号 堺市役所高層館5階

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで



以下フッターです。
Copyright © Sakai City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページの上へ戻る